「Xウィンドウ」後期の講義内容('95)


このページの内容は既に古くなっています。 新しい 1998年度の講義録(Java2対応) 、 1997年度の前期 、 1997年度の後期 の内容をご覧ください。

今年の後期のXウィンドウは、HotJava のためプログラミング言語である Java言語を勉強します。
この Java言語を通して皆さんは、 「ウィンドウ・プログラミング」と 「オブジェクト指向」という2つの重要なテーマを学ぶことになります。
(この講義録は 1995年度に用いたものです。 新しいバージョン(1996年度後期) が完成しています。こちらをご覧ください。
1996年度前期の 「マルチメディア概論」のページ もご覧ください。)

この講義録を元にした本が出ました(アスキーから発売中)。

「全体の講義一覧」  「授業のお知らせ」  前期の内容


アプレット一覧(α版)  アプレット一覧(β版)
参考リンク(英語)  参考リンク(国内)

 「Xウィンドウ概論」後期の講義内容

第1回 HotJava の Applet

HotJava の新しい機能である Applet について

第2回 Applet の「クラス」と「オブジェクト指向」

Applet の種類のことを「クラス」と呼びます。 クラスは「オブジェクト指向」のプログラミングで最も重要な概念です。

第3回 新しい Applet の設計と Java言語

自分で新しい Applet を作り出すこともできます。 そのための言語が Java言語です。

第4回 Applet の機能とイベント処理

Appletクラスに組み込まれている機能と、 イベント処理の方法について説明します。

第5回 Applet への機能の追加と「クラスの継承」

「クラスの継承」によって既にある Applet から、 より複雑な機能を持つ Applet を作り出すことができます。

第6回 マルチメディア対応の Applet と「スレッド」

Java言語では「スレッド(Thread)」を利用することで、 処理の並列化を実現します。 この機能はマルチメディアに対応するために必須と言えるでしょう。

第7回 中間試験

ここまでに学習した Java言語の基本を復習します。

第8回 クラスの設計と再利用

Applet はただやみくもに作ればいいというものではありません。 「使いやすさ」「汎用性」などの見地から設計しなくてはいけません。
またユーザー・インターフェイスも含め、 マルチメディアに対応する Applet の総合的な設計について考えてみます。

第9回 HotJava上のアプリケーション開発

Applet の開発をさらに発展させてけば、 HotJava の画面上にアプリケーションを構築することも可能になります。

第10回 Java言語におけるシステムとのインターフェイス

Java言語の大きな特長は、マシンやOSに依存しないことです。 では、システムとのやり取りはどうやって実現されるのでしょうか?

第11回 ページの目的とアプレットの機能の設計

Java言語のアプレットによって、 WWWのサービスはより柔軟でバラエティの富むものになります。

第12回 αバージョンからβバージョンへの移行

JDK(Java Developers' Kit) のβバージョンへの移行について説明します。

第13回 awtコンポーネントの活用

アプレットの内部で awtコンポーネントを利用する方法を解説します。


 「Xウィンドウ実習」後期の実習課題

第1回 Applet を活用したページ作り

Applet を使って HotJava 用のページを作成してみます。

第2回 Applet を使いこなす

既にある Applet の性質を調べ、それらを上手に組み合わせてみましょう。

第3回 簡単な Applet を作成する

Java言語を用いて、簡単な Applet の設計をしてみましょう。

第4回 Applet の機能を活用する

Appletクラスには、最初から多くの機能が組み込まれています。

第5回 マルチメディア対応 Applet(その1 サウンドと画像)

マルチメディアに対応した Applet の設計に挑戦します。

第6回 マルチメディア対応 Applet(その2 アニメーション)

スレッドを活用します。 今回のテーマは「アニメーション」です。

第7回 マルチメディア対応 Applet(その3 応用編)

マルチメディアに対応した実用的な Applet を作ってみましょう。

第8回 HotJava上のアプリケーション開発(その1)

これまでに学んだ Java言語の知識を活用し、 HotJava の画面上にアプリケーションを構築してみましょう。

第9回 HotJava上のアプリケーション開発(その2)

HotJava 上のアプリケーションの構築をさらに進めます。

第10回 HotJava上のアプリケーション開発(その3)

HotJava 上のアプリケーションの構築をさらに進めます。

第11回 アプレットとページの設計

アプレットを開発するには、ページの目的に合わせて できるだけ幅広く使えるように考える必要があります。

第12回 αバージョンからβバージョンへの移行

JDK(Java Developers' Kit) のβバージョンへの移行を行います。

第13回 awtコンポーネントの活用

アプレット内部で awtコンポーネントを扱った例を紹介します。

卒業課題


「全体の講義一覧」  「授業のお知らせ」  前期の内容