教育原理

授業科目区分

教職課程

担当教員

池田裕子

履修条件

 教職課程を履修している学生

学習教育の目標

 「教育原理」とは、教育職員免許法施行規則で定められている「教育の基礎理論に関する科目」のうち、「教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想」を扱う科目である。  この講義では、「教育とは何か」という基本的な問いへの答えを模索する手段として、歴史的アプローチを中心とした考察を行う。具体的には、(1)西洋教育思想及び制度、(2)その日本における受容と後の展開過程について学ぶ。将来教員を目指す学生が、現在の教育問題を考察する際の前提となる知見を身につけることを目標とする。

授業の概要および学習上の助言

 講義は第一部「西洋教育史」(近代まで)と第二部「日本教育史」(戦前編/戦後編)から構\成される。日本教育史の戦後編では、学習指導要領の成り立ちから現在までの変遷をたどる。  受講生は、教育全般にかかるトピックを常に意識するだけではなく、そのことについて、自分なりの意見をまとめることを心がけて欲しい。

学習内容

1 ガイダンス(教育原理では何を学ぶのか) 
2 人間にとって教育とは何だろうか?
3 学校の起源(ギリシャ・ローマの教育)
4 中世から近代の黎明期へ(教育の歩み)
5 近代教育思想の展開(近代公教育への道のり)
6 近代公教育制度への歩み(産業革命期の教育)
7 日本の「近代化」と教育(1)開明期の教育実践
8 日本の「近代化」と教育(2)教育思潮転換期の教育実践
9 統制下の教育(1)国定教科書第一期〜第三期の教育
10 統制下の教育(2)国定教科書第四期〜第五期の教育実践
11 戦後民主主義教育の理念
12 教育課程
13 戦後教育政策と学習指導要領の展開(1)
14 戦後教育政策を学習指導要領の展開(2) 
15 単位認定試験
※予\定は変更となる場合がある。

学習支援

 教育に関するトピックを紹介する。教員採用試験についての相談にも随時応じる。

事前学習

 講義で扱った内容についての課題を提出すること。返却された課題のうち、誤りについては自分で調べて理解しておくこと。

使用教材

 毎回資料プリントを配付する。参考文献は適宜紹介する。

成績評価の基準

レポート 0
 試験 70
 小テスト・小レポート 30
 成果発表\ 0
 作品 0
 その他 0
  合 計 100  
□成績評価についての備考
 理由の如何にかかわらず、6回欠席した時点で授業放棄とみなし、単位の認定を行わない。