道徳教育の研究(道徳教育論)

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 3年次 後期



担当教員

池田 裕子

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

本講義では、道徳教育について、理論と実践の両側面をふまえ、実際に教壇に立って道徳の授業を展開できる力量を身につけることを目標にする。

授業の簡単な概要

これから道徳教育を行う側として、どのような資料を使ってどのように授業を展開するのか、その方法を検討する。グループワークで道徳の授業案を作り、最終的には模擬授業を行う。受講生は、講義を通じて自分なりの道徳教育についての観点を育てて欲しい。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンス(道徳教育とは何を教えるのか―主題のカテゴライズ)
  2. 学習指導要領の確認(どのような資料が適しているのか)
  3. どのような資料で何を考えさせるか
  4. 資料作成のポイント
  5. 学生による資料案の提示(演習)
  6. 資料の作成・提出
  7. 資料の決定・役割分担(ゲスト:潮見が丘中学校校長)
  8. 道徳の授業参観(潮見が丘中学校)
  9. 授業参観を踏まえた学習指導案作成のポイント
  10. 資料の検討・学習指導案の作成
  11. 学習指導案の作成
  12. 学習指導案の発表と検討会
  13. 公開模擬授業
  14. 最終的な確認
  15. 研究授業の実施と協議(潮見が丘中学校)

期末試験やレポートなどの留意事項

研究授業の評価と指導計画の改善(レポート提出)※予定は変更となる場合がある。なお、この授業は、稚内市立潮見が丘中学校との連携下で進める。

教科書

必要に応じて資料を配布する。

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席及び授業への参加態度、課題のレポート作成の状況などを総合的に評価する。

上記割合以外に注意すべき事項: