教育制度論

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 3年次 前期



担当教員

池田 裕子

履修に必要な予備知識や技能

 特になし。

履修条件

 

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 教育制度とは、教育の目的を達成するための社会的に公認された仕組みである。この講義では、日本の教育制度についての基礎的な知識を身につけるとともに、それらが現代日本の教育現場においてどのように運用されているのかを見ていく。講義を通して教育制度の論理と構造についての理解を深めたい。

授業の簡単な概要

 日本の法令について、用語などの基礎的事項を学んだ後、歴史的な経緯を確認しながら個々の教育法規についての理解を深める。同時に、過去の教育裁判の判例を参照しながら、その解釈について討論を通して考察する。

学習支援

 教育に関するトピックを紹介する。教員採用試験についての相談にも随時応じる。

オフィスアワー

随時(要予約)

学習内容

  1. ガイダンス(日本の法体系と教育法)
  2. 日本の教育制度の歴史と特徴
  3. 教育における基本法の原理(1)日本国憲法の意義
  4. 教育における基本法の原理(2)教育基本法の意義
  5. 学校の仕組みと法(1)学校教育法の構成
  6. 学校の仕組みと法(2)懲戒についての規定
  7. 学校の仕組みと法(3)教育課程についての規定
  8. 学校の仕組みと法(4)教科書制度
  9. 教員に関する制度(1)職務・資格
  10. 教員に関する制度(2)身分・任用
  11. 学校運営に関する制度(1)校務分掌・学校評議員と学校運営協議会
  12. 学校運営に関する制度(2)学校における危機管理
  13. 教育行政に関する制度(文部科学省と教育委員会)
  14. 特別支援教育制度
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

 特に指定しない。

参考書

 講義のなかで適宜紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     70
レポート:   0
作品:     30
成果発表:   0
ポートフォリオ:0
その他:

 出席、授業参加態度などを考慮し総合的に評価する。

上記割合以外に注意すべき事項:

 規定により3分の1以上の欠席は授業放棄とみなす。