画像表現演習

授業科目区分

学部共通専門科目
メディア系
選択 1単位 2年次 後期



担当教員

立花 冨美雄

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

この授業は、前期に行う画像表現とセットで1つの講義として行うので「画像表現」も必ず履修すること。また、学外での撮影や展示も予定しているので、時間割以外の時間で授業を行う場合もあります。

学習教育の目標

カメラと写真についての基礎知識と技術を習得する。パソコンを使った画像補正や印刷の基本についても解説する。

授業の簡単な概要

講義だけでなく、デジタルカメラを使った撮影実習も行う。季節や天候に応じて、学外での撮影や写真展の見学も行う。撮影した作品については、学内外での展示およびWEBでの公開も計画している。*個人的にカメラを所有していなくても受講可能。また、撮影画像の扱いは、デザイン会社、ライブラリー、印刷会社に納入している印刷原稿にもとづいています。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. 第3回撮影会(9月8日)日曜日・・・兜沼・サロベツ方面
  2. 第3回撮影会(9月8日)日曜日・・・兜沼・サロベツ方面
  3. 作品製作。第3回撮影会画像を提出。
  4. 作品のプリント作業
  5. 作品展示作業。
  6. 画像調整。
  7. 第4回撮影会(10月20日(日))・・・大沼・宗谷岬・宗谷丘陵など。第4回撮影会(10月20日(日))・・・大沼・宗谷岬・宗谷丘陵など。
  8. 第4回撮影画像を見る。
  9. 画像調整
  10. パペットワープを使う。
  11. 簡単な画像合成。(画像とプリント用意)。
  12. 3枚の画像でパノラマ写真を作る。(画像とプリント用意)。
  13. レイヤーを使い料理に湯気を入れる。(画像、プリント用意)。
  14. 市立図書館展示作品を完成させる。(印刷)
  15. 市立図書館への作品展示準備

期末試験やレポートなどの留意事項

市立図書館に作品展示。

教科書

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     70
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

画像処理の理解度20点、出席10点

上記割合以外に注意すべき事項: