比較言語文化論

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 国際文化系
選択 2単位 2年次 後期



担当教員

南  満幸

履修に必要な予備知識や技能

特になし。

履修条件

特になし。

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習教育の目標

 いわゆる「異文化間コミュニケーション」は何故難しいのか? 例えば、日本人とアメリカ人で考えてみると、大部分の国民が使っている言語が、それぞれ日本語と英語という全く系統が異なる言語だから、という理由は誰でもすぐに思い付くであろう。それでは、英語が流暢に話せる日本人、あるいは日本語が達者なアメリカ人なら、相互理解に困難は生じないのであろうか? ─否。本講義では、ことばの奥底にある文化の類似点・相違点に注目することによって、相互理解をより円滑にする術を学んでいく。

授業の簡単な概要

 下記の教材の精読が基本。必要に応じて、教員が解説を加えたり、学生同士のディスカッションを促したりする。積極的な参加が望まれる。また、時折、参考文献として日本語または英語のプリントも配る予定。

学習支援

 オフィスアワー(詳細は別途掲示)を設ける。

オフィスアワー

別掲

学習内容

  1. ガイダンス
  2. ことばと文化
  3. スタイルと話し手の背景
  4. ことばと文脈
  5. 情報がことばの中にあるか?
  6. コミュニケーションの男女差
  7. 文化学習と言語習得
  8. マザー・グースの唄
  9. イソップ物語
  10. おとぎ話
  11. 文化の中のスポーツ・メタファー
  12. コミュニケーション能力
  13. コミュニケーションのしくみとはたらき
  14. コミュニケーションの構造
  15. インターパーソナル・コミュニケーションの構造

期末試験やレポートなどの留意事項

人間関係の構造

教科書

本名信行ほか編「異文化理解とコミュニケーション 1」(三修社)

参考書

特になし。

NDC

380

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   100
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

授業において適宜レポートを課すので、常に出席すること。

上記割合以外に注意すべき事項:

 辞書は毎回必携。英和・和英・英英の3点セットが望ましいが、少なくとも英和辞典だけは持参すること。 出席が、直接点数に反映されるわけではないが、欠席が3回を越えると、再試験を受ける資格を失う、という不利益を被るので注意すること。