日本近現代史I

授業科目区分

学部共通
教養科目 人文科学系
選択 2単位 3年次 前期



担当教員

池田 裕子

履修に必要な予備知識や技能

 受講生は、普段から新聞などで国際関係の動きに目配りをすること。また、講義のなかで紹介する参考文献などに積極的に触れ、主体的に学習するようつとめて欲しい。

履修条件

 引き続き日本近現代史Uを履修することが望ましい。

その他この科目を履修するために必要な条件

 歴史に関心を持ち、調査をいとわない学生の履修を希望する。

学習教育の目標

 日本の近現代史を理解するうえで知っておきたい基礎的な事実をとりあげ、それらの背景とその後の歴史の流れに及ぼす影響について学ぶ。また、歴史に関するさまざまな解釈に触れることによって視野を広げ、現代社会をめぐる問題を自らの問題として考察する力を養うことを目標とする。

授業の簡単な概要

 黒船来航からアジア・太平洋戦争の終結に至るまでの歴史の流れを、特に近隣諸国との関係を軸に概観する。この時期は、現在の日本社会の基本的な仕組みが形成された時期であり、また、日本をとりまくさまざまな問題が生起した時期でもある。授業は、講義と演習を組み合わせた形で進める。  

学習支援

 疑問に思ったこと、より詳しく知りたいと思った問題について、自分でアプローチする方法を紹介する。

オフィスアワー

随時(要予約)

学習内容

  1. ガイダンス(近現史を学ぶ)
  2. 近代の論理
  3. 黒船来航
  4. 明治維新(1)明治新政権の成立
  5. 明治維新(2)徴兵制度の創設
  6. 自由民権運動
  7. 明治維新(3)明治政府の文化政策
  8. 大日本帝国憲法の制定
  9. 日清戦争
  10. 日露戦争と韓国併合
  11. 第一次世界大戦
  12. 大正デモクラシー
  13. 日中戦争の全面化
  14. アジア・太平洋戦争
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

 特に指定しない。

参考書

 講義の中で適宜紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     50
レポート:   25
作品:     0
成果発表:   25
ポートフォリオ:0
その他:

 出席、受講態度などを考慮し、総合的に評価する。

上記割合以外に注意すべき事項:

 3分の1以上の欠席は、授業放棄とみなす。