日本近現代史II

授業科目区分

学部共通
教養科目 人文科学系
選択 2単位 3年次 後期



担当教員

池田 裕子

履修に必要な予備知識や技能

 受講生は、普段から新聞などで国際関係の動きに目配りをすること。また、講義のなかで紹介する参考文献などに積極的に触れ、主体的に学習するようつとめて欲しい。

履修条件

 日本近現代史Tを履修していることが望ましい。

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 日本の近現代史を理解するうえで知っておきたい基礎的な事実をとりあげ、それらの背景とその後の歴史の流れに及ぼす影響について学ぶ。また、歴史に関するさまざまな解釈に触れることによって視野を広げ、現代社会をめぐる問題を自らの問題として考察する力を養うことを目標とする。

授業の簡単な概要

 日本の敗戦に伴う連合国の占領政策開始から高度経済成長期を経て現在に至るまでの歴史の流れを、特に近隣諸国との関係を軸に概観する。  それぞれのテーマについて、時には前提となる事項に遡って考察し、その現代に至る過程の理解を重視する。ここで示される諸問題は、いずれも日本人の歴史認識への問いかけである。

学習支援

 

オフィスアワー

随時(要予約)

学習内容

  1. ガイダンス(近現代史を学ぶ)
  2. 戦後秩序の形成
  3. アメリカによる日本の戦後改革(1)
  4. アメリカによる日本の戦後改革(2)
  5. 極東国際軍事裁判
  6. 日本国憲法の制定
  7. アメリカによる対日占領政策の変更
  8. サンフランシスコ講和条約の締結
  9. 日米安全保障体制
  10. 高度経済成長
  11. 日露関係と北方領土問題
  12. 日韓関係
  13. 日中国交回復/ふたつの中国
  14. 中国残留日本人問題
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

 試験は論述式とする。

教科書

 特に指定しない。

参考書

 講義の中で適宜紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     70
レポート:   30
作品:     0
成果発表:   0
ポートフォリオ:0
その他:

 出席、受講態度などを考慮し、総合的に評価する。

上記割合以外に注意すべき事項:

 3分の1以上の欠席は、授業放棄とみなす。