教育実習T

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 4年次 前期



担当教員

坪内 晃

履修に必要な予備知識や技能

とくになし

履修条件

教科教育法等関係科目

その他この科目を履修するために必要な条件

教育実習生としての自覚と意欲をもち、教材研究や模擬授業に積極的に取り組むこと。

学習教育の目標

 教育実習では、教職に必要な資質・能力を学校現場における具体的な実践を通して習得する。大学で学んだことを実地に深め、学習指導や生徒指導の実践的指導力を身に付けるとともに、教員としての自己の能力や適性への自覚を高めることを目標とする。

授業の簡単な概要

教育実習では、教育実習事前指導に基づき、中学校または高等学校において、指導教員の指導を受けながら、実地の体験を通して、教員に必要な知識・技能・態度の習得に努め、教員としての資質・能力を培うとともに、教職への適性を判断し、教職への志向を強めることを目指している。

学習支援

個人指導を徹底するので、積極的に活用すること。

オフィスアワー

学習相談等は、随時受け付けるので、事前に希望日時を連絡すること。

学習内容

  1. 教育実習の心得(教育実習事前指導の内容を再確認し、実習に赴く準備を行う)
  2. 教育実習(実習校での教育実践)
  3. 教育実習(実習校での教育実践)
  4. 教育実習(実習校での教育実践)
  5. 教育実習(実習校での教育実践)
  6. 教育実習(実習校での教育実践)
  7. 教育実習(実習校での教育実践)
  8. 訪問指導(実習校を訪問し、実習生の授業観察と指導教員による中間的評価を踏まえ、必要な指導を行う。)
  9. 教育実習(実習校での教育実践)
  10. 教育実習(実習校での教育実践)
  11. 教育実習(実習校での教育実践)
  12. 教育実習(実習校での教育実践)
  13. 教育実習(実習校での教育実践)
  14. 教育実習のまとめ@(教育実習レポートを作成し、教育実習全般について省察する。)
  15. 教育実習のまとめA(教育実習のまとめとして、教育実習レポートに基づき、教育実習を振り替えさせ、良い点と課題の分析や教職への適性等に対する自己診断を行う。教職への意欲を高める。)

期末試験やレポートなどの留意事項

教育実習レポートは、実習終了後直ちに提出できるよう準備しておくこと。研究授業の指導案も提出すること。

教科書

北海道私立大学・短期大学教職課程研究連絡協議会編『教育実習の手引き(第6版)』学術図書出版社2010.1

参考書

適宜紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   20
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

教育実習校での評価 80

上記割合以外に注意すべき事項:

教育実習校による評価と教育実習レポート及び事後指導への参加態度等を考慮する。