情報資源組織演習

授業科目区分

学部共通専門科目
図書館情報系
選択 2単位 3年次 前期

図書館情報(司書)必修/
図書館情報(司書教諭)必修/

担当教員

安藤 友晴

履修に必要な予備知識や技能

演習を行うために必要なコンピュータの操作に関わる知識

履修条件

「図書館情報学概論 I」「図書館情報学概論 II」「図書館サービス概論」「データベース論」を受講していることが望ましい(必須ではない)。

その他この科目を履修するために必要な条件

「情報資源組織論」とあわせて受講すること。

学習教育の目標

「情報資源組織論」に対応した演習を行う。分類と目録の演習を行いつつ、図書館資料検索システム(OPAC)を構築することが本授業の目標となる。

授業の簡単な概要

「情報資源組織論」の進度に合わせた演習を行うことと並行して、リレーショナルデータベースやその設計技法、Ruby on Railsによる情報システム構築の技法について学んでいく。

学習支援

・LMS上の教材で復習することが望まれる。 ・LMS上のフォーラムを利用されたい。

オフィスアワー

月曜日5時間目/月曜日6時間目/火曜日2時間目

学習内容

  1. リレーショナルデータベース (1) 主キーと正規化
  2. リレーショナルデータベース (2) SQL
  3. ERモデリング (1)
  4. ERモデリング (2)
  5. ERモデリング (3)
  6. Ruby on Rails 入門
  7. 目録作成演習 (1)
  8. 目録作成演習 (2)
  9. 目録データのERモデリング
  10. Ruby on Rails よるOPAC構築 (1) 記述
  11. Ruby on Rails よるOPAC構築 (2) 標目
  12. 分類演習 (1)
  13. 分類演習 (2)
  14. Ruby on Rails よるOPAC構築 (3) 分類
  15. Ruby on Rails よるOPAC構築 (4) 索引

期末試験やレポートなどの留意事項

受講生には授業中にOPACシステムを作成してもらう。担当教員が制作物の内容確認することをもって成果発表とする。

教科書

毎回、担当教員が自作したテキストを配付する。

参考書

・ミック「達人に学ぶDB設計 徹底指南書」ISBN: 978-4798124704 ・ミック「SQL ゼロからはじめるデータベース操作」ISBN: 978-4798118819 ・Sam Rubyほか「RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版」ISBN: 978-4274068669 ・高橋征義ほか「Rails3レシピブック 190の技」ISBN: 978-4797363821 ・山田祥寛「Ruby on Rails 3 ポケットリファレンス」ISBN: 978-4774149806 ・上田修一,倉田敬子「図書館情報学」ISBN: 978-4326000388 ・緑川信之「本を分類する」ISBN: 978-4326000180

NDC

10

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   50
作品:     
成果発表:   50
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

毎回の授業に出席すること。