環境教育論

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 環境と社会系
選択 2単位 3年次 後期



担当教員

若原 幸範

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

環境教育の現代的な到達点と課題を理解する。

授業の簡単な概要

現代社会において、地球規模(グローバル)に取り組まなければならない最も重要な課題の1つは「環境問題」である。それは人間を含めた自然の持続可能性に関わるきわめて大きな論点であり、これまで理論的にも実践的にもさまざまなアプローチがなされてきた。そのなかで、本講義では環境問題に対して「教育」の観点からアプローチする。環境問題は地球規模の問題であると同時に地域的(ローカル)な問題であり、また全ての自然・人類に関わる問題であると同時に自分自身の問題として捉える必要がある。このように、環境問題をめぐっては普遍的かつ個別的に思考し、行動する意識形成が必要となるが、このような意識形成を目的として実践されるのが「環境教育」である。本講義においては、学生自身がこうした意識形成を為すと同時に、他者の意識形成を目的とする環境教育実践のあり方を理解することを目的とする。講義の進め方としては、全体を通して講義形式の授業が中心となるが、学生自身が考える機会を重視するため、グループワーク等の機会を多く設ける予定である。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンス(授業の進め方など)
  2. 環境教育とは何か
  3. 環境教育における「学校と地域の連携」
  4. 地域づくりにおける環境教育
  5. 公害教育の歴史と現在
  6. 自然保護教育の歴史と現在
  7. 環境教育からESDへ
  8. 科学技術政策と環境教育の役割
  9. エネルギーをめぐる政策と教育
  10. 食に関する政策と環境教育
  11. 環境教育の政策・制度
  12. 地域環境教育実践(事例研究@)
  13. 地域環境教育実践(事例研究A)
  14. 地域環境教育実践(事例研究B)
  15. 環境教育の現代的課題(まとめ)

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

特に指定せず、必要に応じて資料等を配布する。

参考書

阿部治・朝岡幸彦監修『現代環境教育入門』筑波書房、2009年。 鈴木敏正『持続可能で包容的な社会のために 3・11後社会の「地域をつくる学び」』北樹出版、2012年。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   60
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

40(毎回提出を求めるリアクションペーパーへの記述内容)

上記割合以外に注意すべき事項: