キリスト教概論

授業科目区分

学部共通
教養科目 人文科学系
選択 2単位 1年次 前期



担当教員

森 言一郎

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 本学の「建学の精神」には「地域社会に貢献し、キリスト教精神の根底にある人間の自由と尊厳を重んじ、平和を愛する人材を育成する」を掲げている。そのような建学の精神の元で共に学ぶ者として、はたして、キリスト教精神の根底に秘められている事柄とは、どのようなものであり、わたしたちにとってどのような意味があるのか。そのことについて考察する授業としたい。  キリスト教は世界各地で暮らす人々の、思想・文化・生活習慣に多大な影響を与えている。本学に集う者も、多文化共生社会の現代日本において、今後、キリスト教的な背景を持つ人々との出会いが様々な場で与えられて行くことだろう。  それゆえ、キリスト教概論での学びを通じて、自分自身をより豊かに確立して行くための手掛かりを得る場となるように努めたい。

授業の簡単な概要

 キリスト教とわたしたちの接点から考察を始める。そして、その成立の歴史と背景を学んだ後に、キリスト教の持つ中心概念について考え始める。特に、キリスト教を考える上で不可欠な存在である「イエス・キリスト」とは一体どのような存在なのかを丁寧に学ぶ。  その手掛かりとして、世界的に著名で美しい美術作品を紹介するが、基本的にその資料は講師が準備する。同時に、教科書として指定する『新約聖書』の関連箇所を味読しながら考察を深める。  その際、イエス・キリストを通して示される「愛」と「ゆるし」、そして「復活」が持つ意味については、講義全体を通じて丁寧に触れて行くように心掛ける。  講義の最終段階では、現代社会においてキリスト教がどのように浸透し影響を与えているのかについて考察を深める。  キリスト教概論の時間では、共に楽しく学び、語り合うことを通して、自分自身と他者との出会いの切っ掛けが得られるように努める。そのため、毎回授業の最後に感想や気づきを短く記して頂く。それを講師が受けとめつつ、次の講義では、その一部を出席者で分かち合いをしながら前進する。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. わたしたちとキリスト教の出会い
  2. イエス以前の世界1 ユダヤ教とキリスト教
  3. イエス以前の世界2 モーセと古い契約
  4. クリスマス物語の意味 イエス・キリストの誕生
  5. イエスと出会った人々1 弟子たちと罪人
  6. イエスと出会った人々2 病者と女性たち
  7. イエスの譬え話
  8. ユダとは誰か
  9. ペトロとは誰か
  10. 十字架のイエスの死が意味すること 罪の問題
  11. イエスの復活が意味すること ゆるしの問題
  12. 初期キリスト教会の誕生 イースターとペンテコステ
  13. パウロとは誰か その生涯と功績
  14. キリスト教と現代1
  15. キリスト教と現代2

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

○『 聖書 新共同訳 ― 小型新約聖書 詩編つき 』(NI353) 共同訳聖書実行委員会訳 日本聖書協会 ※「NI353」は大きさを示すものです。他のサイズせも『 聖書 新共同訳 』ならば可です。 ○『 よくわかるキリスト教 』 監修者:土井かおる 発行所:PHP研究所

参考書

○『 図解 これだけは知っておきたい キリスト教 』著者:山我 哲雄  発行所:洋泉社 ○『 キリスト教との出会い 新約聖書 』 著者:富田正樹 発行所:日本キリスト教団出版局 ○『 楽しく学べる 聖書入門 』監修者:関田寛雄  発行所:ナツメ社 ○『 迷っているけれど着くはずだ 』 著者:塩谷直也 発行所:新教出版社  その他、適宜、紹介します。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   40
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席:45 その他:15 授業への参加度・毎回の感想と気づきから評価。

上記割合以外に注意すべき事項: