数学科教育法W

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 3年次 後期



担当教員

佐藤 元彦

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 LMS上にコースを設けて授業の諸連絡を行うほか、数学および数学教育に関する発展的な話題を提供したり、日頃の学習方法や期末試験ないし教員採用試験のポイントを紹介する。 希望者がいれば日時を調整して自主ゼミを開催する。

授業の簡単な概要

1. 数学科各科目で学んできた学問としての数学と、数学科教育法I、数学科教育法II、数学科教育法III、教育方法論などで学んできた授業作りの理論に基づきながら、小中高を貫く算数・数学の一貫教育カリキュラムを考える力量を養う。 2. 学習指導要領について学ぶとともに、学習指導案作成および模擬授業実践を行い、中学校および高等学校で数学の「わかって、楽しい」授業を行うために必要な力量を理論と実践の両面から総合的に高める。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンスおよび模擬授業内容・担当者の決定
  2. 学習指導要領と小・中・高の算数・数学教育内容 学習指導要領を確認する。
  3. 学習指導案作成の理論と実践  学習指導要領の作成の基礎理論の確認する。
  4. 数学教育における評価の諸問題  数学教育の現場で起こる諸問題について解説しグループ討論する。
  5. 模擬授業とグループ討論1 学習者による模擬授業の実施および集団的研究討議(例)比例と反比例
  6. 模擬授業とグループ討論2 学習者による模擬授業の実施および集団的研究討議(例)比例と一次関数
  7. 模擬授業とグループ討論3 学習者による模擬授業の実施および集団的研究討議(例)二次関数
  8. 模擬授業とグループ討論4 学習者による模擬授業の実施および集団的研究討議(例)連立一次方程式
  9. 模擬授業とグループ討論5 学習者による模擬授業の実施および集団的研究討議(例)平方根とその計算
  10. 模擬授業とグループ討論6 学習者による模擬授業の実施および集団的研究討議(例)二次方程式
  11. 模擬授業とグループ討論7 学習者による模擬授業の実施および集団的研究討議(例)合同
  12. 模擬授業とグループ討論8 学習者による模擬授業の実施および集団的研究討議(例)相似
  13. 模擬授業とグループ討論9 学習者による模擬授業の実施および集団的研究討議(例)三平方の定理
  14. 模擬授業とグループ討論10 学習者による模擬授業の実施および集団的研究討議(例)コンピュータを使った授業
  15. 数学科教育法IVのまとめ  学習指導要領全般のまとめと実践的模擬講義の総括を行う。

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

特に指定なし

参考書

中学校、高等学校の数学の教科書を用意すること。自分が使用したものののか、教育実習校で使用している出版社のものも用意した方がよい。参考書:『中学校学習指導要領(数学)』『高等学校学習指導要領(数学)』

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     80
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

20 出席状況および授業への参画状況を評価する

上記割合以外に注意すべき事項: