教育心理学

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 1年次 冬集中



担当教員

糸田 尚史

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

教職課程を履修している学生

学習教育の目標

受講する前と後とでは「教育」に対する考え方が変化し、教育心理学の知識も背景とした効果的な教育実践ができるようになることを目標とする。

授業の簡単な概要

学習、動機づけ、記憶、知能、パーソナリティ、生涯発達、発達の障碍、心理検査法、社会的心理、心理的支援など、教員として知っておくべき教育心理学的テーマとその内容について解説する。実際の教育相談事例などにも触れる。写真や図を多く用いたスライドを中心にして、視聴覚教材や優れた絵本などを織り交ぜながら授業を進めるが、心理学的な実験や演習も行うので積極的に参加してほしい。配布資料は順番に綴り、遺漏のないように管理していただきたい。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. 学習(1):映画『刑事コロンボ:攻撃命令』(映画『市民ケーン』、条件反応、動機、ゲシュタルト心理学、言語連想法、シェイピング) 
  2. 学習(2):パブロフやワトソンの古典的条件づけ(レスポンデント条件づけ)、ソーンダイクやスキナーの道具的条件づけ(オペラント条件づけ)
  3. 学習(3):ケーラーの洞察(見通し)学習、バンデューラの認知的(社会的)学習理論、示範(手遊び歌)、レイヴとウェンガーの正統的周辺参加
  4. モチベーション:ドキュメンタリー『青い目 茶色い目』と自己効力、モチベーション(動機づけ)理論、漫画『うる星やつら』にみるワイナーの帰属理論
  5. 発達障碍と特別支援教育(1):絵本『どんなかんじかなあ』、自閉症スペクトラム障碍、サヴァン症候群、アンジャッシュのコントにみる「心の理論」、「心の理論」課題
  6. 発達障碍と特別支援教育(2):ADHD(注意欠陥多動性障碍)、DCD(発達性協調運動障碍)、ディスレキシア(読字障碍)、LD(学習障碍)
  7. 記憶:感覚記憶、ワーキングメモリー(短期記憶)、長期記憶、絵本『こんたのおつかい』『ときそば』、記憶の種類、忘却(健忘)、記憶術
  8. 知能(1):知能理論、知能検査(田中ビネー知能検査X、WISC-W、WAIS-V、KABC-U、DN−CAS認知評価システム)
  9. 知能(2):遺伝は環境を通して、映画『大逆転』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、先天奇形症候群、ウィリアムズ症候群と「適性処遇交互作用」、第四の発達障碍(子ども虐待)
  10. パーソナリティ(1):パーソナリティ理論(類型論・力動論、特性論)、迷信的(似非科学的)類型としてのABO式血液型性格
  11. パーソナリティ(2):フロイトの精神分析理論、映画『夢の降る街』にみる精神分析、言い間違い・し間違い、防衛メカニズム
  12. 心理アセスメント法:東大式エゴグラム(TEG)、Y-G性格検査、樹木画検査、ロールシャッハ検査、主題統覚検査(TAT)など
  13. 生涯発達:ピアジェの発生的認識論、ヴィゴツキーの「発達の最近接領域」、絵本『まんまるねこダイナ』にみるエリクソンの漸成説
  14. 集団の心理:対人行動、リーダーシップ、態度変容、同調、説得、服従、援助行動、認知的不協和、犯罪(非行)の社会心理学
  15. 臨床心理学的支援:サイコセラピー(精神療法・心理療法)、ロジャーズのカウンセリング理論、家族療法、心理劇、集団療法

期末試験やレポートなどの留意事項

16回目の授業で試験を行います。

教科書

N・C・ベンソン著(清水・大前訳) 『マンガ 心理学入門:現代心理学の全体像が見える』 講談社 (ブルーバックス) 2001年

参考書

細江達郎著 『知っておきたい最新犯罪心理学』 ナツメ社 2012年

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     50
レポート:   0
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

小テスト・小レポート:30 出席状況・学習態度20 単位認定試験の得点と授業ごとの小レポートの得点に学習態度を加えて総合的に評価する。

上記割合以外に注意すべき事項: