メディア史概論

授業科目区分

学部共通専門科目
図書館情報系
選択 2単位 2年次  後期


図書館情報(司書)選択/

担当教員

岡井 崇之

履修に必要な予備知識や技能

特になし

履修条件

特になし

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習教育の目標

 メディア史ならびにメディア論の基本的な論理機制(メカニズム)を理解するとともに、図書および図書館の歴史、さらに、その可能性を理解することを目標とする。

授業の簡単な概要

 本講義は以下の4つのセクションから構成する。第1セクションは「メディア史」ならびに「メディア論」の概要と基本的な論理機制の把握を行う。第2では「メディアとしての図書および図書館の歴史」、第3では「近代社会と図書および図書館」を論じ、最後に「メディアとしての図書および図書館の可能性」を考察する。

学習支援

各回の授業の概要をLMSで配布する

オフィスアワー

水曜日第3時限目と4時限目

学習内容

  1. 授業ガイダンス(授業の進め方なども含めるので、受講希望者は必ず出席すること)
  2. メディア史あるいはメディア論という視点――声の文化と文字の文化
  3. 2つの「文化圏」――声の文化と文字の文化A
  4. 文字の文化――声の文化と文字の文化B
  5. 書物の起源と古代の図書館――図書・図書館史
  6. 中世の書物と活版印刷の文化――図書・図書館史A
  7. メディア革命と社会変動――「魔女狩りの社会史」を事例として
  8. 印刷と閉じられたテクスト――声の文化と文字の文化C
  9. 〈読むことの優位〉という歴史的な転換に関わるルター派の本源的な影響
  10. 写本の意味世界と印刷本の意味世界――図書・図書館史B
  11. フランス革命と図書館の普及――図書・図書館史C
  12. 「神の言葉」と近代における「国語」の誕生――図書・図書館史D
  13. 〈想像の共同体〉と〈国語〉の歴史的な形成――図書・図書館史E
  14. 市民社会と成熟と希望としての社会教育の拠点=図書館――図書・図書館史F
  15. これからの図書館像と〈地域の記憶〉――図書・図書館史G

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

使用せず。配布プリントを参照。

参考書

『図書館』アンドレ・アソン&ポール・サルヴァン(小林宏訳)白水社 1968.『声の文化と文字の文化』W.J.オング(桜井直文、林正寛、糟谷啓介訳)藤原書店 1991.『古代アレクサンドリア図書館』モスタファ・エル=アバディ著(松本慎二訳)中公新書 1991.『書物の歴史』エリク・ド・ゴロリエ(大塚幸男訳)白水社 1992.『想像の共同体』増補版 ベネディクト・アンダーソン(白石さや、白石隆訳)NTT出版 1997.『出版と知のメディア論』長谷川一 みすず書房 2003.『図書館文化史』綿抜豊昭 学文社 2006.

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     70
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

30 出席回数

上記割合以外に注意すべき事項: