メディア・リテラシー

授業科目区分

学部共通専門科目
社会情報系
選択 2単位 2年次 後期


教職課程(情報)選択/

担当教員

斉藤 吉広

履修に必要な予備知識や技能

世の中で起きている事件や現象と、それがメディアでどのように扱われているかという問題に対して日ごろから注意を払うこと。また可能な限り新聞に目を通すこと。

履修条件

なし

その他この科目を履修するために必要な条件

なし

学習教育の目標

テレビ・新聞・インターネットなどのメディアが伝えるものを批判的かつ創造的に読み取る能力を養う。

授業の簡単な概要

講義形式を基本とし、毎回の授業の最後に小レポート(感想・質問)を出席票に記入してもらう。全体としては、「テレビを読む」「報道を読む」を中心的な内容とし、「統計を読む」「インターネットを読む」などの視点も取り扱う。

学習支援

オフィスアワーを設定するので、気軽に研究室を訪れてほしい。

オフィスアワー

学習内容

  1. ■オリエンテーション 講義全体の概要と評価方法について説明する
  2. ■メディア・リテラシーとは何か 「つくられる」ものとしてのメディアの意味を考える
  3. ■テレビ的経験 疑似体験としてのテレビ視聴の意味を考える
  4. ■テレビと子どもと暴力 「少年犯罪の急増・凶悪化」とその原因としてのメディア、というメディアによって与えられたイメージについて検証する
  5. ■テレビゲーム/子どもと遊び 「ゲーム脳」などの言説を検証するとともに、子どもの遊びの意味について考える
  6. ■企業としてのテレビ局 産業としてのテレビ放送の現状を確認し、CMに依存することによる問題点を考える
  7. ■冤罪の作られ方@ 冤罪とその報道を描いた映像作品を観て、テレビのあり方を考える
  8. ■冤罪の作られ方A 冤罪事件における警察の捜査や司法の問題点について考える
  9. ■冤罪と報道 冤罪事件における犯人視報道の生まれる構造について考える
  10. ■記者クラブ制度とジャーナリズム 記者クラブ制度による「発表ジャーナリズム」化などの問題点について考える
  11. ■報道被害・取材被害 集団的過熱取材などによる被害の実態について考える
  12. ■戦場への想像力 戦争の現場がどのように伝えられているか、歴史的変遷と現状について考える
  13. ■リサーチ・リテラシー 統計数字をどのように読み取ればよいか、注意点を検証する
  14. ■インターネットを読む 誰もが情報発信者となり得るネット世界がもつ可能性と危険性について考える
  15. ■世論の作られ方 メディアが政治におよぼす影響力について、過去の具体例から考える

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

なし

参考書

適宜紹介する。

NDC

361

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   70点
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席:30点

上記割合以外に注意すべき事項:

・「レポート」は、取り上げたテーマについてどれだけ独自の見解を述べられているか、深く考察しているかを基準に評価する。また日本語としての完成度も評価の対象となる。 ・毎回授業後に提出してもらう小レポート(出席票)の感想・質問が、授業内容にきちんと照応したものであるかを基準に評価する。