ネットワーク実習

授業科目区分

学部共通専門科目
IT系
選択 1単位 2年次 前期

教職課程(情報)必修/

担当教員

佐賀 孝博

履修に必要な予備知識や技能

UNIXに関する基本的な知識。

履修条件

UNIX基礎・実習、応用UNIX・実習

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 実習を通して「ネットワーク概論」で学んだことの理解を深める。  コンピュータネットワークの概念を学んだ上で、ネットワーク・コミュニケーションの基本技術の習得を目標とする。  具体的には、ネットワークの種別やインターネットの定義を学んだ上で、TCP/IPとIPアドレスを理解する。その後、アプリケーションで使用されている通信プロトコルを学ぶ。  これら事柄を踏まえて、情報セキュリティの重要性についても学ぶ。  なお、使用するOSは基本的にはLinuxを使用するため、あわせてLinuxのシステム管理、ネットワーク管理の基礎についても学ぶ。  また、ネットワーク状態を確認するコマンドについてはLinuxだけではなく、Windows(MS-DOS)についても解説する。

授業の簡単な概要

 講義は配布するプリントを用いて行うので、都合で欠席する場合はプリントを保管してあるレターケースから早めに持って行ってください。

学習支援

質問は逐次受け付けますので、適宜研究す津などを訪ねてください。

オフィスアワー

学習内容

  1. OSの役割、Linuxの生い立ち
  2. ブート、プロセス
  3. Linuxのファイルシステム
  4. ウィンドウ環境とGUI
  5. ネットワークの種類
  6. ネットワークの設定
  7. 通信プロトコル(1)ネットワーク上のコミュニケーション
  8. 通信プロトコル(2)
  9. パッケージ管理システムによるソフトウェアの導入
  10. Linuxでのプログラム開発と実行環境
  11. パケット通信
  12. ネットワークを流れる情報のセキュリティ
  13. ドキュメント、情報検索
  14. 実習の点検
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

プリント・参考書の持ち込みは可とする。

教科書

毎回プリントを配布する。

参考書

必要に応じて適宜指示する。

NDC

7

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     100
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

試験は実習形式で行う。 出席状況も評価対象とする。

上記割合以外に注意すべき事項: