OS論

授業科目区分

情報メディア学科
専門科目 ネットワーク・コンテンツ系
選択 2単位 2年次 後期



担当教員

小泉 真也

履修に必要な予備知識や技能

特になし

履修条件

特になし

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習教育の目標

OS(オペレーティングシステム)の基礎概念を学び、OSについて理解を深めること。

授業の簡単な概要

OSの役割は、ハードウェアを抽象化し、ユーザーにより扱いやすい環境を提供することです。本講義では、Linuxカーネルを中心に解説を行います。どんな機能が、なぜ必要とされるのかを考えながら、OSの内部構造を追究していきます。

学習支援

質問は、LMSやメール等で逐次受付けます

オフィスアワー

講義内で案内します

学習内容

  1. OSの基本概念と役割、OSの構成
  2. I/Oデバイスと割込み
  3. ファイルの管理
  4. プロセスとスレッド
  5. プロセスの排他制御 − 並行プロセス・多重プロセス
  6. プロセスの排他制御 − デッドロック
  7. プロセススケジューリング
  8. 相互排除と同期
  9. メモリ管理 − 再配置と保護、領域管理
  10. メモリ管理 − 仮想記憶(ページング)
  11. ネットワーク
  12. セキュリティ
  13. 入出力 − ディスクアームスケジューリング
  14. 入出力 − クロック、デバイスドライバ
  15. ケーススタディ

期末試験やレポートなどの留意事項

講義内で案内します

教科書

WEB上で配布します

参考書

図書館の蔵書を参考の事

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     50
レポート:   50
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

出席を重視する。 試験とレポートの結果に対して、出席を加味した傾斜配点で最終評価とする。