英語表現と日本文化II

授業科目区分

学部共通
教養科目 外国語系
選択 1単位 2年次 後期



担当教員

 南 満幸

履修に必要な予備知識や技能

特になし。

履修条件

特になし。

その他この科目を履修するために必要な条件

 英語の長文を読むことが得意な(少なくとも嫌いではない)人が望ましい。

学習教育の目標

 日本に来て、いわゆる「カルチャー・ショック」を受けたアメリカ人女性が書いたエッセイを読むことにより、日米の文化の類似点・相違点についての基本的な知識を身につけることを目指す。

授業の簡単な概要

 下記の教科書の精読が基本。必要に応じて、教員が日米の文化的背景について解説を加える。

学習支援

 オフィスアワー(詳細は別途掲示)を設ける。

オフィスアワー

別掲

学習内容

  1. ガイダンス
  2. “Help yourself”
  3. Hanging loose
  4. “Don’t work too hard”
  5. Oishi Kuranosuke and John Wayne
  6. Joking to relieve tension
  7. Exercises
  8. 《中間試験》
  9. “Kotoshi mo dozo yorosiku”
  10. The polite “no”
  11. Letter of application
  12. “Kawaiso, ne!”
  13. “Why don’t you stop smoking?”
  14. “Sorry, I can’t go tonight”
  15. "You Americans"

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

 ナンシー坂本・直塚玲子著「Polite Fictions in Collision」(金星堂)

参考書

特になし。

NDC

380

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     100
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

 辞書は毎回必携。英和・和英・英英の3点セットが望ましいが、少なくとも英和辞典だけは持参すること。 出席が、直接点数に反映されるわけではないが、欠席が3回を越えると、再試験を受ける資格を失う、という不利益を被るので注意すること。