ロシアIV

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 国際文化系
選択 1単位 2年次 後期



担当教員

岩本 和久

履修に必要な予備知識や技能

ロシア語I,ロシア語II,ロシア語IIIを履修していること。

履修条件

ロシア語I,ロシア語II,ロシア語III

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし。

学習教育の目標

「ロシア語I」,「ロシア語II」で学習した基礎的な事項を踏まえた上で,「ロシア語III」で扱わなかった文法事項や実践的な表現を学習する。

授業の簡単な概要

動詞の完了体と不完了体の違いについて学ぶ。また,名詞,形容詞,所有代名詞の格変化について,まとめる。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. 「まとめIII」  動詞の変化と場所・方向の表現を中心に復習する。
  2. 「誰に書いているの?」(1)  名詞の与格を学ぶ。
  3. 「誰に書いているの?」(2)  名詞の造格を学ぶ。ロシア語の筆記体を学ぶ。
  4. 「誰に書いているの?」(3)  練習問題を解きながら,15課の内容を復習する。
  5. 「解きましたか」(1)  クロスワードパズルを解きながら,これまでの学習内容を復習する。
  6. 「解きましたか」(2)  動詞の完了体,不完了体について学習する。
  7. 「解きましたか」(3)  練習問題を解きながら,これまでの学習内容を復習する。
  8. 中間テスト  中間テストを通して,これまでの学習内容を整理する。
  9. 「何月?」(1)  月の名前を学習する。
  10. 「何月?」(2)  完了体動詞の未来について学習する。
  11. 「何月?」(3)  練習問題を通して,教科書17課の内容を復習する。
  12. 「どこから」(1)  長文のテクストを読むことで,格変化の復習をする。
  13. 「どこから」(2)  「行く・来る」の表現を整理する。いろいろな前置詞とその格支配を整理する。
  14. 「どこから」(3)  長文を読むことで,格変化や前置詞の使い方を復習する。
  15. 「まとめIV」  形容詞や所有代名詞の格変化を学ぶ。

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

中島由美,黒田龍之助,柳町裕子『ロシア語へのパスポート(改訂版)』白水社,2005年。

参考書

特になし。

NDC

880

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     100
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

試験は2回に分けて実施する。