社会教育計画U

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 まちづくり系
選択 2単位 3年次 後期

社会教育主事必修/

担当教員

若原幸範 侘美俊輔

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

必ず「社会教育計画U」「フィールドワークV」を同時に履修すること。

その他この科目を履修するために必要な条件

「生涯学習概論T・U」を履修済みか、同時に履修することが望ましい。また、社会教育についての専門的な内容を扱うので「社会教育課題研究T・U」などの関連する授業も、できるだけ受講すること。

学習教育の目標

社会教育計画がどのようにして作成されるのかを理解した上で、「稚内市の社会教育計画」を模擬的に作成する。

授業の簡単な概要

前半では、社会教育計画を作成する際の前提となる「地域課題の把握方法」について学習する。まずは社会教育において地域課題を把握するための「社会教育調査」について講義する。また、実際の調査方法について、行政の実務担当者の体験談から学習する。そのうえで、実際に社会教育調査(関係団体への聞き取り調査)を実施し、具体的な地域課題の把握を試みる。後半では、実際に「稚内市の社会教育計画」を作成してみる。グループ単位での取り組みとし、資料収集から目標の設定、事業内容の策定など、すべて学生自身で行う。その後、作成した計画の発表と意見交換を行う。以上をとおして、社会教育計画の作成過程を実体験を通じて学習していく。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンス(授業の概要・進め方など)
  2. 計画立案と調査@(社会教育調査について)
  3. 計画立案と調査A(ゲスト講師:社会教育主事による講演)
  4. 計画立案と調査B(ゲスト講師:稚内市の社会教育関係者による講演)
  5. 社会教育調査の実習@(調査対象の設定・資料収集)
  6. 社会教育調査の実習A(資料調査の報告・検討と調査票作成)
  7. 社会教育調査の実習B(調査票の検討)
  8. 社会教育調査の実習C(フィールドワーク)
  9. 社会教育調査の実習D(フィールドワーク)
  10. 社会教育調査の実習E(調査結果の報告・検討)
  11. 社会教育計画の策定@(基本目標の設定)
  12. 社会教育計画の策定A(重点領域の設定)
  13. 社会教育計画の策定B(計画内容の作成)
  14. 社会教育計画の策定C(計画書の最終調整)
  15. 授業のまとめ(ゲスト講師を招いて社会教育計画の発表)※授業の内容・進捗は受講生の理解度や関心によって変更することもある

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

教科書は使用せず、必要に応じて資料等を配布する。

参考書

授業中に紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

20(グループワークへの参加状況)、40(調査レポート)、40(プレゼンテーション)

上記割合以外に注意すべき事項: