環境経済学

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 環境と社会系
選択 2単位 2年次 後期



担当教員

遠藤 孝夫

履修に必要な予備知識や技能

 特になし。

履修条件

 「エコロジー論」(1年次 前期)と「経済学」(1年次 後期)を履修し、単位を取得していることが望ましい。

その他この科目を履修するために必要な条件

 特になし。

学習教育の目標

 環境問題の原因とそれに対する政策的対応について、経済学的な分析を行うために必要な環境経済学を学ぶ。環境経済学において基本となる分野について理論的基礎を理解し、環境との共生を目指して現下の諸問題を考える上での基盤づくりを行うことを目標とする。

授業の簡単な概要

 講義形式で進められる。授業中は要点をノートにメモしていくこと。授業後は、すみやかに授業内容の概要と理解を深めた事項に関するコメントを小レポートとしてまとめ、次回の授業開始時には提出できるようにしておくこと。  授業で学ぶ考え方や事例の内容を踏まえて、自らの知識や日常生活における経験との関係を考えることが必要である。

学習支援

 授業中における質疑や議論の機会だけでなく、オフィスアワーも活用のこと。

オフィスアワー

 初回に案内する。

学習内容

  1.  環境経済学概論 今後、本科目を履修していくための案内を受ける。
  2.  環境経済学の基礎理論(1) 消費者の利益と生産者の利益について理解を深める。
  3.  環境経済学の基礎理論(2) 環境問題の費用便益分析について理解を深める。
  4.  環境経済学の基礎理論(3) 市場の失敗について理解を深める。
  5.  環境経済学の基礎理論(4) 市場の失敗の解決策について理解を深める。
  6.  環境問題と市場の失敗への対策(1) 環境税の利点と問題点について理解を深める。
  7.  環境問題と市場の失敗への対策(2) 規制的手段の利点と問題点について理解を深める。
  8.  環境問題の交渉による解決(1) 環境利用権,コースの定理の限界について理解を深める。
  9.  環境問題の交渉による解決(2) コースの定理の応用(排出量取引)について理解を深める。
  10.  ごみ処理手数料有料制とごみ減量化(1) ごみ処理手数料三つの場合の比較について理解を深める。
  11.  ごみ処理手数料有料制とごみ減量化(2) 世代間の最適な廃棄物処分場利用について理解を深める。
  12.  ごみ処理手数料有料制とごみ減量化(3) まとめ
  13.  最終課題(1) 演習
  14.  最終課題(2) まとめ
  15.  活動総括 本科目の取組み状況を総括し、学習目標に対する自己の達成度を点検する。

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

 教科書は用いず、必要に応じて資料を配付する。

参考書

 必要に応じて、適宜提示する。

NDC

519(公害 環境工学),333(経済政策 国際経済)

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   85
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

15

上記割合以外に注意すべき事項:

 「レポート」は、各回の授業内容の概要と理解を深めた事項に関する小レポートと、最終レポートにより評価される。「その他」は、出席に加え受講姿勢により評価される。  出席回数が授業回数の3分の2以上に満たなければ単位は発行されない。  大幅な遅刻は欠席扱いとする。