環境デザイン演習

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 環境と社会系
選択 1単位 2年次 後期



担当教員

遠藤 孝夫

履修に必要な予備知識や技能

 特になし。

履修条件

 「地域環境論」(2年次次 前期)および「地域環境演習」(2年次次 前期)を履修し、単位を取得していることが必要。

その他この科目を履修するために必要な条件

 「環境デザイン論」(2年次次 後期)と一体的に進められるので、必ず「環境デザイン論」と併せて履修すること。

学習教育の目標

 環境の現状把握・分析方法を学び、環境特性(安全性・利便性・快適性)に着目し、地域環境のデザインに関する課題について演習を通じて理解を深める。

授業の簡単な概要

 環境の現状把握・分析方法を学び、安全性・利便性・快適性といった環境特性に着目し、地域環境のデザインに関する課題について、現地環境に関する情報の調査を行い、調査項目の性質に応じた方法で整理・分析する。現在の特徴と課題および改善へ向けた考え方と解決策などを適した方法で表現する。  本科目における調査活動は、安全に注意して実施する必要がある。

学習支援

 授業中における質疑や議論の機会だけでなく、オフィスアワーも活用のこと。

オフィスアワー

 初回に案内する。

学習内容

  1.  環境の現状把握方法の基礎(1) 地理空間情報の基礎について演習を通じて理解を深める。
  2.  環境の現状把握方法の基礎(2) 地理空間情報の例について演習を通じて理解を深める。
  3.  環境の現状把握方法の基礎(3) 地理空間情報の処理について演習を通じて理解を深める。
  4.  環境の現状把握方法の基礎(4) 地理空間情報の分析について演習を通じて理解を深める。
  5.  環境の現状把握方法の基礎(5) 地理空間情報の活用例について演習を通じて理解を深める。
  6.  地理空間情報を用いた環境の現状把握(1) 電子化された地図の特徴について演習を通じて理解を深める。
  7.  地理空間情報を用いた環境の現状把握(2) 数値地図について演習を通じて理解を深める。
  8.  地理空間情報を用いた環境の現状把握(3) 地域環境の基本情報としての地形について演習を通じて理解を深める。
  9.  地理空間情報を用いた環境の現状把握(4) 地域空間の基盤情報について演習を通じて理解を深める。
  10.  地理空間情報を用いた環境の分析方法(1) 属性情報の処理について演習を通じて理解を深める。
  11.  地理空間情報を用いた環境の分析方法(2) 図形情報の処理について演習を通じて理解を深める。
  12.  地理空間情報を用いた環境の分析方法(3) 地域環境の重層的な処理について演習を通じて理解を深める。
  13.  地理空間情報を用いた環境の分析方法(4) これまでの活動の整理
  14.  地理空間情報を用いた環境の分析方法(5) まとめ
  15.  活動総括 本科目の取組み状況を総括し、学習目標に対する自己の達成度を点検する。

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

 教科書は用いず、必要に応じて資料を配付する。

参考書

 必要に応じて、適宜提示する。

NDC

519(公害 環境工学),518(衛生工学 都市工学)

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   70
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

30

上記割合以外に注意すべき事項:

 「レポート」は、課題に関するレポートにより評価される。「その他」は、出席に加え受講姿勢により評価される。  出席回数が授業回数の5分の4以上に満たなければ単位は発行されない。  大幅な遅刻は欠席扱いとする。