コンピュータ・アーキテクチャ

授業科目区分

情報メディア学科
専門科目 ネットワーク系
選択 2単位 2年次 後期



担当教員

小泉 真也

履修に必要な予備知識や技能

特になし

履修条件

特になし

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習教育の目標

プログラミングの観点からコンピュータの仕組みを理解する。

授業の簡単な概要

コンピュータ(特にハードウェア)における基本設計や設計思想などを学ぶにあたり、疑似的なプログラミングを通じて、そのプログラムが実行可能であるようなコンピュータを仮想的に設計します。

学習支援

質問は、LMSやメール等で逐次受付けます

オフィスアワー

講義内で案内します

学習内容

  1. コンピュータの基本構成
  2. 2進数
  3. CPU − ロード・ストア・二項演算
  4. CPU − 補数・負の数の実現
  5. CPU − ループ
  6. CPU − アドレッシング
  7. CPU − バイト・データの取り扱い
  8. CPU − サブルーチンの実現
  9. CPU − 単項演算、スタック・ポインタ
  10. ハードウェア − データの流れ
  11. ハードウェア − 演算命令
  12. ハードウェア − データ転送制御
  13. ハードウェア − 割り込み
  14. ハードウェア − 状態遷移制御
  15. パイプライン、スーパースカラー、マルチプロセッサーの概要

期末試験やレポートなどの留意事項

講義内で案内します

教科書

WEB上で配布します

参考書

図書館の蔵書を参考の事

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     50
レポート:   50
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

出席を重視する。 試験とレポートの結果に対して、出席を加味した傾斜配点で最終評価とする。