文学

授業科目区分

学部共通
教養科目 人文科学系
選択 2単位 2年次 後期



担当教員

相原成史

履修に必要な予備知識や技能

特になし。

履修条件

特になし。

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし。

学習教育の目標

文学作品の多くは作家が伝えたい特定のメッセージを持っていと言えるが、一方で文学作品が時代によって、あるいは読む人によって様々に解釈されることも事実である。 それは読む人間がそれぞれ自分の生きる時代や社会の背景などに基づく独自の視点を持ってその作品を読むからである。本講義では、作品の書かれた背景を踏ま え作品の持つメッセージを解釈するとともに、それを我々が今どう捉えるべきかを考えていく。

授業の簡単な概要

授業は講義形式で行う。講義では文学史上の代表的作家、作品を時代別、国別に古典から現代の作品を網羅的に取り上げていくとともに、歴史的事実にも目を向ける。授業を受けるにあたり、講義で取り上げる作品をできるだけ読んでもらいたい。

学習支援

オフィスアワーで質問等を受けます。

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンス授業
  2. 西洋の古典(ギリシア・ラテンなど)
  3. 日本の古典(平安〜江戸期の文学)
  4. 19世紀の西洋文学(イギリス)
  5. 19世紀の西洋文学(アメリカ)
  6. 19世紀の西洋文学(フランス)
  7. 19世紀の西洋文学(ロシア)
  8. 明治・大正期の文学@
  9. 明治・大正期の文学A
  10. 明治・大正期の文学B
  11. 20世紀の西洋文学@
  12. 20世紀の西洋文学A
  13. 昭和の文学@
  14. 昭和の文学A
  15. 復習と試験ガイダンス

期末試験やレポートなどの留意事項

16回目の授業で試験を行います。

教科書

プリントを配布する。

参考書

特になし。

NDC

900

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     100
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項: