地域と金融

授業科目区分

学部共通
専門科目 まちづくり系
選択 単位 3年次 前期



担当教員

黒木 宏一

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 社会経済活動を行うにあたっては、資金のやりくりや融通という金融を欠かすことができません。この科目では、特に地域おける社会経済活動と金融に焦点を当てて、金融の役割について知識を習得することを目的とします。

授業の簡単な概要

 この科目では、「地域」に焦点を当てて、金融制度、金融機関の役割、家計や企業の金融行動を中心に講義をします。なお、後期開講の「金融論」では、金融の理論的な側面と国際金融について学習します。

学習支援

オフィスアワーで相談を受けます。

オフィスアワー

学習内容

  1. イントロダクション
  2. 貨幣と金融 @金融の基本的機能 A金融システムの機能
  3. Bマクロ経済と資金循環
  4. 日本の金融システム @金融制度の変遷と金融構造 A日本の金融機関
  5. B財政投融資制度
  6. 金融機関の機能 @金融仲介機関の基本的機能
  7. A預金預払金融機関の機能
  8. B預金預払金融機関の機能
  9. Cその他金融機関の機能
  10. 金融市場 @短期金融市場
  11. A長期金融市場
  12. 利子率と資産価格 @利子率とは何か
  13. 家計の基本的な金融行動
  14. 企業の基本的な金融行動
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

晝間文彦(2011)『基礎コース 金融論 第3版』新世社、ISBN978-4-88384-169-1 ※必要に応じて、資料も配布します。

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     70
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

到達度確認のために演習を行い、その評価を30とします。

上記割合以外に注意すべき事項: