映像メディア論T

授業科目区分

学部共通専門科目
メディア表現系
選択 2単位 2年次 前期



担当教員

牧野 竜二

履修に必要な予備知識や技能

特になし

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

この講義は映像メディア論I演習とセットで1つの講義となるので、必ず履修すること。また、後期課程である映像メディア論U、映像メディア論II演習も履修することが望ましい。

学習教育の目標

映像を制作するための、ビデオ撮影や編集方法の基礎知識を習得し、また、制作した映像を使用した効果的な情報発信ができるようになる。

授業の簡単な概要

過去の学内外で制作された映像作品を見ながら、撮影や編集、構成、演出の仕方などを学び、映像メディア論T演習では、実際に映像を制作する。また、制作した作品は上映会にて講評を行い、動画共有サービス(YouTube,ニコニコ動画等)で公開し、ソーシャルネットワーキングサービス(Mixi,Facebook,Line,Twitter等)を利用し広報を展開します。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンス
  2. 企画の立て方
  3. 撮影の基本@(カメラの使い方)
  4. 編集の基本@(編集機の使い方)
  5. 作品発表及び講評、考察
  6. 撮影の基本A(効果的なカット)
  7. 編集の基本A(テロップ等の入れ方)
  8. 編集の基本B(効果音の入れ方)
  9. 作品発表及び講評、考察
  10. 撮影の基本B(雑観の重要性)
  11. 作品中間発表
  12. 撮影の基本C(カット割りの効果)
  13. 編集の基本C(音声レベルの編集)
  14. 作品発表及び講評、考察
  15. 情報発信の解説@(解説Aは後期)

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

適時配布

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   50
作品:     30
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席20 この他にも、授業に取り組む積極性を考慮します。

上記割合以外に注意すべき事項: