情報社会と情報倫理

授業科目区分

学部共通専門科目
社会情報系
選択 2単位 3年次 夏集中

教職課程必修/

担当教員

斉藤 吉広、堀口雅則

履修に必要な予備知識や技能

特になし

履修条件

特になし

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習教育の目標

 現代の「情報社会」の特徴を明確に把握するとともに、現代社会、とりわけ教職にとって必要とされる「情報倫理」について理解することを目標とする。

授業の簡単な概要

 本講義は以下の4つのセクションから構成する。第1は、「情報社会」の概要と従来からの「情報社会論」の系譜の把握であり、第2は、「法と規範」との異同と連関に関して論じる。第3は、情報社会における情報倫理を考察し、最後に、学校教育における情報倫理に関して現状を踏まえて考える。

学習支援

各回の授業の概要をLMSで配布する

オフィスアワー

学習内容

  1. 授業ガイダンス(授業の進め方なども含めるので、受講希望者は必ず出席すること)
  2. 情報とは何か――情報社会とは何か
  3. 情報社会論を支える歴史認識――情報社会とは何かA
  4. 情報社会論の系譜――情報社会とは何かB
  5. 「法」の基本性質について――情報社会における「法」と「規範」
  6. 新たな社会環境と「法」――情報社会における「法」と「規範」A
  7. 知的財産という考え方――情報社会における「法」と「規範」B
  8. 個人情報とプライヴァシー――情報社会における「法」と「規範」C
  9. 情報社会における情報倫理()
  10. 情報社会における情報倫理(2)
  11. インターネット「依存症」()
  12. インターネット「依存症」(2)
  13. 学校文化と社会――学校教育における情報倫理
  14. 学校文化と情報社会との乖離――学校教育における情報倫理A
  15. 情報社会と情報倫理――全体のまとめに代えて

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

 教科書は指定せず、必要に応じて以下の参考書を含め必要文献を指示するとともに、プリントを配布する。

参考書

村田純一『技術の倫理学』丸善 2006. 宇都宮京子編『よくわかる社会学』ミネルヴァ書房 2006. 水谷雅彦編著『岩波応用倫理学講座3 情報』岩波書店 2005.越智貢編著『情報倫理学入門』ナカニシヤ出版 2004. 西原和久・宇都宮京子編『クリティークとしての社会学』東信堂 2004. 村田潔編著『情報倫理』有斐閣 2004.水谷雅彦『情報の倫理学』丸善 2003. 水谷雅彦・越智貢・土屋俊編著『情報倫理の構築』新世社 2003. 橋本吉彦『情報社会と情報倫理』丸善 2002. 越智貢・土屋俊・水谷雅彦編著『情報倫理学』ナカニシヤ出版 2000.

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     70
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

30 出席回数

上記割合以外に注意すべき事項: