情報科教育法U

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 3年次 後期



担当教員

佐賀 孝博

履修に必要な予備知識や技能

ソフトウェアとネットワークに関する基礎知識を身につけていること

履修条件

情報系科目ならびに教職概論、情報科教育法I

その他この科目を履修するために必要な条件

教職課程履修者であること

学習教育の目標

 「情報科教育法T」を踏まえ、高等学校の情報科教員として必要となる専門知識を習得するとともに、授業を計画・実施する実践的な能力を養成する。特に、情報科を教えるにあたって苦手領域がないよう授業できる力を養う。

授業の簡単な概要

 今後実施される新指導要領の高等学校情報科の科目の特徴と教えるべき内容を踏まえ、授業計画案の作成、模擬授業の実施を行う。

学習支援

質問は随時受け付けるので、適宜研究室などを訪ねてください。

オフィスアワー

学習内容

  1. 「ガイダンス」 科目の進め方について
  2. 「模擬授業案を作成」 教員が指定した情報科の領域について、新指導要領の情報科の模擬授業案を作成する
  3. 「模擬授業案を作成」 指定に従い、新指導要領の情報科の模擬授業案を作成する
  4. 「模擬授業案の検討・改善」 模擬授業案について相互評価を行い、授業案を改善する
  5. 「模擬授業案の検討・改善」 模擬授業案について相互評価を行い、授業案を改善する
  6. 「模擬授業」 改善された授業案に沿って模擬授業を行い、相互評価を行う
  7. 「模擬授業」 改善された授業案に沿って模擬授業を行い、相互評価を行う
  8. 「模擬授業」 改善された授業案に沿って模擬授業を行い、相互評価を行う
  9. 「模擬授業」 改善された授業案に沿って模擬授業を行い、相互評価を行う
  10. 「模擬授業」 改善された授業案に沿って模擬授業を行い、相互評価を行う
  11. 「模擬授業」 改善された授業案に沿って模擬授業を行い、相互評価を行う
  12. 「模擬授業」 改善された授業案に沿って模擬授業を行い、相互評価を行う
  13. 「模擬授業」 改善された授業案に沿って模擬授業を行い、相互評価を行う
  14. 「模擬授業」 改善された授業案に沿って模擬授業を行い、相互評価を行う
  15. 「まとめ」 全体を通しての相互評価と、今後の課題を確認する

期末試験やレポートなどの留意事項

受講者数によって、模擬授業回数の変更があり得る。 予定があえば高校の情報科を見学に行く回とすることもある。

教科書

「高等学校学習指導要領解説 情報編」 文部科学省 (開隆堂、ISBN:978-4-304-04165-5) 【 http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2012/01/26/1282000_11.pdf 】
また、必要に応じてプリントなどを配布する

参考書

複数の出版社による情報科教科書
中学校学習指導要領解説 技術・家庭編(文部科学省)【 http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2011/01/05/1234912_011_1.pdf 】

NDC

376

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   60
作品:     
成果発表:   40
ポートフォリオ:
その他:

出席状況も評価対象とする。

上記割合以外に注意すべき事項: