確率統計学

授業科目区分

情報メディア学科
専門科目 数学系
 2単位 3年次 前期

教職課程必修/

担当教員

佐藤 元彦

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

確率統計に関する基本概念、代表的な統計量の理解およびその計算方法の習得

授業の簡単な概要

確率に関する基礎理論の解説を行う。二項分布や正規分布を扱うための平均・分散の解説とイメージを習得させる。後半は統計処理の基礎理論を解説する。代表値や正規分布表を用いた実際の統計処理の方法や検定・推定に関する基礎理論の解説を行う。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. 確率論と統計学
  2. 確率と確率分布
  3. 平均と分散
  4. 二項分布
  5. 二項分布の平均、分散
  6. ポアソン分布の平均、分散
  7. 正規分布について
  8. 正規分布の平均、分散および特性関数
  9. 中心極限定理
  10. データ処理と標本分布
  11. 代表値(平均値、最頻値、中央値)
  12. 検定、推定の考え方
  13. いろいろな検定、推定I
  14. いろいろな検定、推定II
  15. 確率過程とシュミレーション

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

すぐわかる確率・統計 石村園子 著 東京図書

参考書

和達三樹、十河清/キーポイント確率・統計、岩波書店、ISBN:987-4-00-007866-5(4-00-007866-6)

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     80
レポート:   20
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項: