教育課程論

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 2年次 前期



担当教員

坪内 晃

履修に必要な予備知識や技能

とくになし

履修条件

「教職概論」を履修していること。または、履修予定者。

その他この科目を履修するために必要な条件

とくになし

学習教育の目標

社会の変化や教育基本法の改正及び教育課程実施状況の評価等を踏まえ、新学習指導要領の趣旨を理解し、教育課程の全体構造や指導計画作成の仕方について実践的に学ぶことを目標とする。学習指導案作成の基礎を習得する。

授業の簡単な概要

 本講義では、教育課程と学習指導要領の歴史的変遷を踏まえ、その今日的意義を確認するとともに、学校における教育課程編成の原理や方法、編成の実際、指導計画や授業案の作成や展開、評価など、教育課程のプロセス全体について実践的に学修する。 【形式:講義、演習、調査、レポート及び授業案等作成、討論など】 【全体構成:講義と演習、討論を中心にすすめる】

学習支援

学習指導要領改訂の背景と内容、移行措置等について注目しておくこと。教育に関する国内外の動向に関心を持ち、教育課題に対する自己の見解を持つよう努力すること。

オフィスアワー

学習相談等は随時受け付けるので、事前に希望日時を連絡すること。

学習内容

  1. 教育課程の意義(学校とは何か、教育とは何かを考察し教育課程の意義を理解する)
  2. 学習指導要領と教育課程(学校教育の全体構造から相互のかかわりを俯瞰する)
  3. 教育課程論の歴史的展開(教養主義と実用主義の歴史的流れを概観する)
  4. 学習指導要領の変遷(戦後の学習指導要領改訂の背景及び特徴などを学ぶ)
  5. 新学習指導要領の特徴と内容(改訂の背景や特徴などを概観しその意義を確認する)
  6. 教育課程の法制(教育課程に関する法規や学習指導要領の法的拘束性について学ぶ)
  7. 教育課程編成の原理と方法、手順、編成・実施の過程(基本的事項について理解する)
  8. 教育課程編成の実際(1)(中学校の教育課程を例に全体計画作成の基礎を学ぶ)
  9. 教育課程編成の実際(2)(高等学校の教育課程表を例に教育内容とのかかわりをみる)
  10. 学校における指導計画の作成(指導計画の意義や種類、作成上の留意点について学ぶ)
  11. 指導計画作成の実際(1)(メディア教育を例に単元指導計画を作成する)
  12. 指導計画作成の実際(2)(メディア教育を例に学習指導案を作成する)
  13. 学習指導の評価(観点別学習状況の評価などについて学ぶ)
  14. 教育課程の評価と改善(評価の観点及びP-D-C-Aサイクルを理解する)
  15. 教育課程の編成・実施と地域との連携(地域の特性を生かした教育課程の開発を学ぶ)

期末試験やレポートなどの留意事項

レポートは、課題に正対し自己の見解が記述されているかどうかを基準に評価する。誤字脱字や字数、文章構成等も考慮する。

教科書

配布プリントを使用する。

参考書

適宜紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     60
レポート:   20
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席 20

上記割合以外に注意すべき事項:

出席を重視するので、注意すること。