日本国憲法

授業科目区分

学部共通
教養科目 社会科学系
選択 2単位 1年次 夏集中

教職課程必修/

担当教員

黒川 伸一

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

法学を学ぶことは、単に条文の意味内容や判例・学説の立場を覚えることではなく、 社会や人間とは何か、ということについて学んでいくことに他なりません。 したがって、単に学説や判例を暗記することは、あまり意味がありません。 そこで、この講義では、教科書的な知識の習得よりは、 社会に出てから実際に役立つ実践的な知識の習得を目標とします。

授業の簡単な概要

授業では、毎回、重要判例を1、2例取り上げて、裁判所の結論と理由づけについて 受講生と議論・討論しながら、日本国憲法の意味内容を明らかにしていきます。

学習支援

質問等は講義終了後、随時受け付けます。

オフィスアワー

学習内容

  1. 日本国憲法概説:日本国憲法とはどのような法で、何を規律しているのか、検討する。
  2. 基本的人権の享有主体:外国人は基本的人権を享有できるのか否か、具体例をもとに検討する。
  3. 私人間効力論:基本的人権は私人間でも効力を有するのか否か、具体例をもとに検討する。
  4. 幸福追求権:憲法13条の幸福追求権はどのような内容の権利なのか、具体例をもとに検討する。
  5. 平等権1:憲法14条の定める「平等」とは何か、具体例をもとに検討する。
  6. 平等権2:平成20年6月4日の国籍法違憲判決をもとに、平等権について理解を深める。
  7. 信教の自由と政教分離:信教の自由と政教分離について、具体例をもとに検討する。
  8. 表現の自由1:表現の自由はどのような内容の権利なのか、具体例をもとに検討する。
  9. 表現の自由2:表現の自由とわいせつ表現規制について、具体例をもとに検討する。
  10. 経済活動の自由:経済活動の自由とはどのような内容の権利なのか、具体例をもとに検討する。
  11. 国会と内閣:議院内閣制を中心に、わが国の統治構造を解明する。
  12. 裁判所1:司法の概念について、具体例をもとに検討する。
  13. 裁判所2:司法作用の範囲と限界について、統治行為論をもとに検討を加える。
  14. 違憲審査権1:日本国憲法の採用する違憲審査権の法的性格について検討する。
  15. 違憲審査権2:違憲審査権に関する諸問題について、具体例をもとに検討する。

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

参考書

工藤達朗編『よくわかる憲法』(ミネルヴァ書房)

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     80
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

その他:20 出席・講義・議論への参加など、受講態度も重視します

上記割合以外に注意すべき事項: