広告制作論

授業科目区分

学部共通専門科目
メディア表現系
選択 2単位 2年次 後期



担当教員

小谷 彰宏

履修に必要な予備知識や技能

ビデオカメラやデジタルカメラの基本知識を身につけているのが望ましい。

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 広告を制作するクリエーターの視点に立って広告表現を捉え、地域社会にある店舗や商品などを選定し、その企画書段階から広告を制作し、完成した広告映像をWebサイトで公表する。

授業の簡単な概要

 現代人の情報環境において広告が占めるウェイトは決して小さなものではない。しかも広告には多くの情報が凝縮されているが、多くの場合、人びとは単に消費者として広告に接している。この授業では、広告を制作するクリエーターの視点に立って広告表現を捉える。最初に、実際に流通している広告表現にみられるキャッチコピーや映像を広告表現の観点から読み解き、さらに広告表現を支える企画書や絵コンテといった制作過程について実例をあげて詳説する。また、地域社会にある店舗や商品などを選定し、その企画書段階から広告を制作し、完成した広告映像をWebサイトで公表することも目標とする。  準備学習として事前に街で情報収集などを行うこと。

学習支援

オフィスアワーの他、メール等でいつでも対応します。

オフィスアワー

授業にてお知らせします。

学習内容

  1. ガイダンス
  2. クロスメディアについて
  3. 広告制作基礎
  4. CM映像技術「モーショングラフィックス表現1」  文字による表現
  5. CM映像技術「モーショングラフィックス表現2」
  6. CM映像技術「写真表現1」  静止画による表現
  7. CM映像技術「写真表現2」
  8. CM映像技術「アニメーション表現1」  コマ撮り撮影による表現
  9. CM映像技術「アニメーション表現2」
  10. CM映像制作  企画立案
  11. CM映像制作  絵コンテの作成と資料の収集
  12. CM映像制作  各自の表現手段に応じた作品制作
  13. CM映像制作  各自の表現手段に応じた作品制作
  14. CM映像制作  各自の表現手段に応じた作品制作
  15. プレゼンテーション

期末試験やレポートなどの留意事項

16.講評を行ないます。

教科書

参考書

「この1冊ですべてわかる 広告の基本」波田 浩之/日本実業出版社2007 「絵でみる広告ビジネスと業界のしくみ」高山 英男、他/日本能率協会マネジメントセンター 2008

NDC

674

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     60点
成果発表:   20点
ポートフォリオ:
その他:

20点(準備学習や授業への受講態度)

上記割合以外に注意すべき事項:

出席をしなければ作品制作が進まないため出席状況が評価に大きく影響します。