数学科教育法V

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 3年次 前期



担当教員

佐藤 元彦

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

LMS上にコースを設けて授業の諸連絡を行うほか、数学および数学教育に関する発展的な話題を提供したり、日頃の学習方法や期末試験ないし教員採用試験のポイントを紹介する。 希望者がいれば日時を調整して自主ゼミを開催する。

授業の簡単な概要

1. 数学科教育法I、数学科教育法IIに引き続き、中学校および高等学校で数学の授業を行うために必要な、学問としての数学の基礎を学ぶ。 2. 数学教師の立場からの数学観および数学教育方法論の形成を図るとともに、解析学教育を具体例としながら、小中高を貫く算数・数学の一貫教育カリキュラムを考える力量を養う。 3. 学習指導要領について学ぶとともに、学習指導案の作成と模擬授業の実施を通して数学教員としての実践力を高める。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. 「漸化式と等差数列」の授業案とその検討  担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行う
  2. 「等比数列」の授業案とその検討 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行う
  3. 「ハノイの塔と再帰的アルゴリズム」の授業案とその検討 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行う
  4. 「数学的帰納法」の授業案とその検討 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行う
  5. 「等速運動と一次関数」の授業案とその検討 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行う
  6. 「一次関数と二次関数」の授業案とその検討 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行う
  7. 学習指導案の作成と模擬授業の実施(中学校の「関数」に焦点を当てて) 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論および模擬授業を行う。
  8. 「面積とは何か」の授業案とその検討 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行う
  9. 「区分求積法と積分法」の授業案とその検討 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行
  10. 「比例の拡張としての微分法」の授業案とその検討 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行う
  11. 「指数関数とe」の授業案とその検討 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行う
  12. 「指数現象を見るメガネとしての対数関数」の授業案とその検討 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行う
  13. 「回転運動と三角関数」の授業案とその検討 担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論を行う
  14.  学習指導案の作成と模擬授業の実施(高等学校の「微分積分」に焦点を当てて)担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論および模擬授業を行う。
  15. 学習指導案の作成と模擬授業の実施(高等学校の「微分積分」に焦点を当てて)担当の学生の指導案の作成説明とグループ討論および模擬授業を行う。

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

1.中学校学習指導要領解説 数学編 平成20年9月 文部科学省 高等学校学習指導要領解説 数学編 理数編 平成21年12月 文部科学省 評価基準の作成, 評価方法等の工夫改善のための参考資料 [中学校 数学] 平成 23年11月 国立教育政策研究所 評価基準の作成, 評価方法等の工夫改善のための参考資料 [高等学校 数学] 平 成24年7月 国立教育政策研究所

参考書

『中学校学習指導要領(数学)』 『高等学校学習指導要領(数学)』

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     80
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

20 出席状況および授業への参画状況を評価する。

上記割合以外に注意すべき事項: