ことばの科学

授業科目区分

学部共通
教養科目 人文科学系
選択 2単位 4年次 前期



担当教員

南 満幸

履修に必要な予備知識や技能

特になし。

履修条件

特になし。

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし。

学習教育の目標

 一般に「言語学」として知られている学問の入門編である。「言語学」を最も広い意味で理解するなら、およそ人間のことばに関する事象なら何でも、その研究対象となる。 「ことば」とは何か、という根源的な問いから始めて、「意味」とは何か、「文法」とは何か、など様々な問題について考察を進めていくにつれて、人間が社会生活を営む上で不可欠な「道具」(すなわち、ことば)に関する視野がどんどん拡がっていくであろう。

授業の簡単な概要

 入門書を精読するのが基本。必要に応じて、教員が解説を加えたり、学生同士のディスカッションを促したりする。積極的な参加が望まれる。適宜、参考文献を指定するので、それもしっかり読んでから、授業に臨むこと。

学習支援

オフィスアワー(詳細は別掲)を利用されたし。

オフィスアワー

別掲

学習内容

  1. ガイダンス
  2. 言語学とは何か(1)
  3. 言語学とは何か(2)
  4. 語の構造(1)
  5. 語の構造(2)
  6. 文の構造(1)
  7. 文の構造(2)
  8. 中間テスト
  9. 語の意味(1)
  10. 語の意味(2)
  11. 文の意味(1)
  12. 文の意味(2)
  13. 言語の類型
  14. 言語の変化
  15. 期末テスト

期末試験やレポートなどの留意事項

特になし。

教科書

風間喜代三ほか著「言語学」(東京大学出版会)

参考書

特になし。

NDC

801

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     100
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

 出席状況が、直接点数に反映されるわけではないが、欠席が3回を越えると、再試験を受ける資格を失う、という不利益を被るので注意すること。

上記割合以外に注意すべき事項: