食と農と地域

授業科目区分

学部共通専門科目
まちづくり系
選択 2単位 1年次 前期


社会教育主事選択/

担当教員

若原 幸範

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

「食」と「農」をめぐる諸問題を「グローバルかつローカル(グローカル)」に思考する視点を身に付ける。

授業の簡単な概要

この講義では、私たちが生きる上で不可欠な「食」と、それを支える「農」の問題を切り口に、現代社会のあり方や人間の生き方について考える。その際、グローバルな視点をふまえつつも、私たちの具体的な生活の場である「地域」をいかにつくっていくのか、という視点を重視する。全体を通して中心になるのは、戦後の日本社会における「食」「農」の基本的な動向と問題点についての講義である。そうした問題点をふまえつつ、「食」「農」の関係回復を軸に据えた「地域づくり」について、具体的な事例(映像資料、雑誌記事等)をふまえながら議論する。なお、この講義では学生自身が「考える」ことを重視するので、グループワークや小レポートなどを多く盛り込む予定である。 ※本講義は夜間主専用科目となっているが、昼間主の学生の履修も可能である。

学習支援

オフィスアワー

現代における「食」と、それを支える「農」のあり方をふまえ、地域づくりについて考える

学習内容

  1. ガイダンス(授業の概要・進め方など)
  2. 食・農とグローバリゼーション@(事例紹介)
  3. 食・農とグローバリゼーションA(ディスカッション)
  4. 日本農業の歴史と構造@
  5. 日本農業の歴史と構造A
  6. 日本農業の歴史と構造B
  7. 日本農業の歴史と構造C
  8. 有機農業、地産地消と食育(事例分析、ディスカッション)
  9. 日本の食生活と経済・社会@
  10. 日本の食生活と経済・社会A
  11. 日本の食生活と経済・社会B
  12. 食と農を結ぶ地域活動(事例紹介)
  13. フェアトレードの意義と課題(事例分析、ディスカッション)
  14. 食農教育と地域づくり(事例分析、ディスカッション)
  15. 食と農と地域(まとめ)

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

教科書は使用せず、必要に応じて資料等を配布する。

参考書

授業内で紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   60
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

40(毎回提出を求めるリアクションペーパー・小レポートへの記述内容)

上記割合以外に注意すべき事項: