地域教育論

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 まちづくり系
選択 2単位 4年次 前期


社会教育主事選択/

担当教員

若原 幸範

履修に必要な予備知識や技能

履修条件とはしないが、「生涯学習概論T・U」「社会教育課題研究T・U」「社会教育計画T・U」を履修済みであることが望ましい。

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

地域をつくる学びとそれを支える教育のあり方を理解する。

授業の簡単な概要

この講義では、地域社会の発展にとって不可欠な教育のあり方を考えていく。序盤では地域教育を理解する上での基本的な理論と国際的な動向について講義する。その後は具体的な事例を紹介し、グループワークをとおして受講生が自ら事例を分析することで、地域教育についての理解を深めていく。特に、地域課題をどのように把握し、その克服のための学習・教育をどう実践するかを考える。 なお、本講義は社会教育主事課程の最終講義となるので、課程履修者はこれまでの学習の総括をするつもりで講義に臨むこと。

学習支援

オフィスアワー

地域社会の発展のための学習・教育のあり方を理解する。

学習内容

  1. ガイダンス(授業の概要・進め方など)
  2. 地域づくり教育の基本理解@(地域をつくる学びの論理)
  3. 地域づくり教育の基本理解A(地域創造教育の展開論理)
  4. 地域づくり教育の国際的理解@(地域発展と成人教育)
  5. 地域づくり教育の国際的理解A(第三世界の開発と教育)
  6. 農村の地域発展と教育@(長沼町における農業と生涯学習の事例)
  7. 農村の地域発展と教育A(下川町における産業クラスター研究会の事例)
  8. 都市の地域発展と教育@(札幌市における市民による財政分析学習の事例)
  9. 都市の地域発展と教育A(飯田市における公民館実践を軸にした地域づくりの事例)
  10. 地域住民の活動と教育@(札幌市における子育てネットワークの事例)
  11. 地域住民の活動と教育A(鹿追町におけるグリーン・ツーリズムNPOの事例)
  12. 地域住民の活動と教育B(釧路市における福祉NPOの事例)
  13. 地域づくりと生涯学習@(標茶町におけるコミュニティ・ネットワークの事例)
  14. 地域づくりと生涯学習A(恵庭市における学校と社会教育の連携「コミュニティスクール」の事例)
  15. 地域をつくる学びと教育(授業のまとめ)

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

教科書は使用せず、必要に応じて資料等を配布する。

参考書

講義中に紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   60
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

40(講義・グループワークへの取り組み姿勢)

上記割合以外に注意すべき事項: