まちづくりと地方行政

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 地域と社会系
選択 2単位 2年次 後期


社会教育主事選択/

担当教員

横田 耕一

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

地方の時代が叫ばれ久しいが、厳しい経済環境の中、各地で独自の「まちづくり」運動が組織され、国において中央集権から分権の方向へと舵を切り、地方分権一括法により、機関委任事務が廃止されるなど、わずかながら前進している。そうした中、必要不可欠なものは人材である。地域を支える人材として必要な知識を習得し、具体的な運動に関わる、あるいは作り上げるためにも、必須の基礎知識を学んでほしい。

授業の簡単な概要

自分の住む町についてできるだけ多くのことを知ることは大切だ。その意味で、現在の状況や歴史を学びつつ、この地域の比類ない特徴を学ぶ場としたい。また、ここに暮らす上での具体的課題を手にするために、各領域で活躍している方々の講話を聞き、問題点を探る。 また、私自身が市長として取り組んできた12年間の「政策」の概要も説明し、政策の理念、連続性についても理解する機会とする 後半には、聞いた話題からテーマを絞り、グループ討議をし、若者の目で、住む町の課題について論じるとともに、新たな提言ができたらと考えている。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. 講座ガイダンスー自己紹介を含めてわが町を知ろう
  2. 1.故郷を学ぶ (1) 稚内の現況
  3. 2.故郷を学ぶ(2) 稚内の歴史
  4. 3.故郷を学ぶ(3) 稚内に足跡を残した人々
  5. 4.故郷を学ぶ(4) 稚内の自然
  6. 5.故郷を学ぶ(5) 現場からの報告―暮らしの実相 I 稚内市及び管内の医療の現状と課題
  7. 6.故郷を学ぶ(6) 現場からの報告―暮らしの実相 II 障害者の暮らしと課題
  8. 現場からの報告―暮らしの実相 III 高齢者の暮らしと介護の現状
  9. 現場からの報告―暮らしの実相 IV 子育て環境の現状と課題
  10. 「まちづくり」とは
  11. 地方行政とは、地方自治とは -地方行政、地方自治とは-
  12. 地方行政とは、地方自治とは -日本における地方自治の歩み-
  13. 地方行政とは、地方自治とは -世界の地方自治制度-
  14. 稚内市の主な行政施策
  15. まとめの討論

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

毎回レジメを発行する

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

最終に試験を行う。毎回200字〜400字程度の感じたこと、思いついたことなどをレポートにして提出。出欠の判断に利用します。