現代メディアと社会

授業科目区分

両学科共通
学部共通専門科目社会情報系
選択 2単位 3後 後期


担当教員

斉藤吉広

履修に必要な予備知識や技能

特になし

履修条件

なし

その他この科目を履修するために必要な条件

ふだんから報道に注意を向けること。

学習教育の目標

現代社会が抱える諸問題をメディアがどのように伝えているか、あるいは伝えていないかを検証することを通じて日本や世界の社会を構造的に理解する力を養う。

授業の簡単な概要

講義形式で行う。大きく分けると以下の三つの内容を扱う。(1)戦争と安全保障、(2)社会統合と報道・個人情報、(3)技術主義・開発主義と人間。情報の断片やメディアの論調にさゆうされずに全体の構造を学ぼうとする姿勢を持てるように心がけてほしい。

学習支援

オフィスアワーで相談を受ける。

オフィスアワー

学習内容

  1. ■オリエンテーション
  2. ■戦争国家・アメリカ@ 映画作品を題材にして、911以降のアメリカのふるまいを確認する
  3. ■戦争国家・アメリカA アメリカが構造的に抱える困難を学ぶ
  4. ■日米安保体制 軍事的側面だけでなく、経済的な側面においても機能する日米安保の実態を学ぶ
  5. ■憲法と平和主義 「国家への命令」としての憲法の位置づけを確認し、その平和主義の意味を考える
  6. ■治安・監視社会のプライバシー 治安国家・共同体化が進行する中でのプライバシーついて考える
  7. ■思想・信条の自由への規制 思想・信条の自由への規制の動きについて考える
  8. ■メディア規制 犯罪被害者の取材被害や「子どもの安全」を根拠として進むメディア規制の動きを考える
  9. ■消費社会のプライバシー 個人情報が蓄積・流通している実態と個人情報保護法の果たす役割を考える
  10. ■南北問題 縮まらない南北格差の実態とその原因を考える
  11. ■日本の食@ 輸入に依存する日本の食料の実態と食の安全性の問題を考える
  12. ■日本の食A 食文化の変遷とそこから生じている問題を考える
  13. ■原子力発電/エネルギー 原発の抱える問題と日本のエネルギー問題について考える
  14. ■「エコ」の呪縛 「エコ」の名の下で進む「環境」の投機市場化や生活規制について考える
  15. ■脳死・臓器移植 脳死やそれに伴う臓器移植の一般化がもたらす社会的影響について考える

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

なし

参考書

適宜紹介する。

NDC

361

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   100点
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他: