応用マルチメディア技術論

授業科目区分

情報メディア学科
専門科目 コンテンツ制作系
選択 2単位 2年次 後期



担当教員

阪本 裕文

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

大きく変化してゆく多様な文化的メディアにおける、技術と形式の関係を学ぶ。

授業の簡単な概要

映像を中心とした多様な文化的メディアにおける表現形式について講義を行う。作品の視聴とその分析を主とする。

学習支援

授業時間外にも質問を受け付ける。

オフィスアワー

学習内容

  1. オリエンテーション(授業の概要の説明とイントロダクション)
  2. 劇映画1(作品研究)
  3. 劇映画2(作品研究)
  4. 劇映画3(作品研究)
  5. 劇映画4(作品研究)
  6. ドキュメンタリー1(作品研究)
  7. ドキュメンタリー2(作品研究)
  8. ドキュメンタリー3(作品研究)
  9. ドキュメンタリー4(作品研究)
  10. 実験映像1(作品研究)
  11. 実験映像2(作品研究)
  12. 実験映像3(作品研究)
  13. プレゼンテーション準備
  14. プレゼンテーション準備
  15. プレゼンテーション(成果発表)

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   70
作品:     
成果発表:   30
ポートフォリオ:
その他:

任意のテーマについて調査・考察し、授業最終回においてプレゼンテーション(成果発表)を行う。それをもとにレポートを作成し、提出すること。

上記割合以外に注意すべき事項: