倫理学

授業科目区分

学部共通
教養科目 人文科学系
選択 2単位 3年次 冬集中



担当教員

千葉 胤久

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

西洋倫理学の歴史を概観し、倫理学のいくつかの基本概念について考察していきます。このことを通じて、人間の倫理一般について原理的な理解を深めていくことが、この講義の目的です。

授業の簡単な概要

西洋倫理学の代表的な思想として、古代ギリシアの倫理思想、キリスト教倫理思想、カント倫理学、功利主義を取りあげ講義していきます。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. イントロダクション:倫理学とはどのような学問か。講義全体の概要の説明。
  2. 古代ギリシアの倫理思想1:ソクラテス「よく生きること」の意味
  3. 古代ギリシアの倫理思想2:ソクラテス「無知の知(自覚)」について
  4. 古代ギリシアの倫理思想3:ソクラテス「魂への配慮」について
  5. 古代ギリシアの倫理思想4:プラトン「正義」と「幸福」
  6. 古代ギリシアの倫理思想5:プラトン「哲人政治」
  7. 古代ギリシアの倫理思想6:アリストテレスの幸福論
  8. 古代ギリシアの倫理思想7:アリストテレスの正義論
  9. 古代ギリシアの倫理思想8:アリストテレスの友愛論
  10. キリスト教的倫理1:隣人愛・「よきサマリア人のたとえ」を中心に。
  11. キリスト教的倫理2:愛と赦し・「放蕩息子の帰還のたとえ」を中心に。
  12. カントの倫理学1:善意志、義務に基づく行為と義務に適った行為。
  13. カントの倫理学2:定言命法、人格の尊厳、意志の自律としての自由。
  14. 功利主義1:功利主義の特徴
  15. 功利主義2:功利主義の問題点

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

参考書

赤林朗編『入門・医療倫理T・U』(勁草書房)、坂井昭宏・柏葉武秀編『現代倫理学』、小松光彦ほか編『倫理学案内』(慶應義塾大学出版会)、関根清三『ギリシア・ヘブライの倫理思想』(東京大学出版会)など。他の参考文献に関しては、授業中に適宜紹介します。

NDC

150

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   100
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項: