生徒・進路指導論

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 3年次 前期



担当教員

坪内 晃

履修に必要な予備知識や技能

とくになし

履修条件

教職課程履修者及び履修予定者。

その他この科目を履修するために必要な条件

とくになし

学習教育の目標

人間としての在り方・生き方を問う生徒指導・進路指導のすすめ方について考察し、生徒指導・進路指導の実践的指導力の基礎を培うことを目標とする。

授業の簡単な概要

 授業では、特に思春期の生徒指導を中心テーマに、いじめや不登校、問題行動など具体的な事例に則して考察・討論し、望ましい生徒指導の在り方を追求する。また、キャリア教育の中心を為す進路指導のすすめ方について実践的に学ぶ。 【形式:講義、演習、レポート、討論など】 【全体構成:講義と討論、小レポート作成を中心に進める】

学習支援

生徒指導・進路指導は、学校教育はもとより家庭環境や社会の変化と深く関わっている。従って青少年の生活行動や教育及び社会の動向に関心を持ち、のぞましい生徒指導・進路指導の在り方を常に意識しながら受講すること。

オフィスアワー

学習相談等は随時受け付けるので、事前に日時を連絡すること。

学習内容

  1. 生徒指導の意義と課題(各自の体験等、具体的事例を基に生徒指導の意義や課題について考察する)
  2. 生徒指導の歩み(社会の動向や教育内容の変化に伴う問題行動と生徒指導の変遷について、歴史的に概観し、今日的課題の背景等を理解する)
  3. 生徒指導と学校経営及び教育課程(生徒指導の機能を生かした学校経営の在り方について学ぶととともに、教育課程との関連を考える)
  4. 生徒指導の計画と指導体制(全体計画及び年間指導計画を学ぶとともに、万引き防止指導を例に、望ましい生徒指導の組織と運営、指導体制の在り方について実践的に学ぶ)
  5. 生徒指導の方法(集団指導と個人指導のねらいや具体的指導の在り方、相互の関連などについて理解する)
  6. 教育相談(とくに面接技法とその背景となっているカウンセリング理論について学ぶ)
  7. 適応と発達(適応機制や適応障がいについて学び、指導上の留意点を考察する。発達障がいの理解と対応について学ぶ)
  8. 思春期の生徒理解(思春期とは何か、思春期の子どもたちを取り巻く社会環境はどうかなど、現実的で具体的な課題を検討し生徒理解の能力を養う)
  9. 生徒指導の実際(特にいじめ問題を取り上げ、その原因や解決の方策等を討論する)
  10. 問題行動の理解と指導(特に、児童生徒の暴力行為と性の問題行動を取り上げ、その要因や背景、対策等を考察し、実践的指導力の基礎を養う)
  11. 懲戒と体罰、児童虐待(具体的事例をあげ、問題点を考察し解明する)
  12. 進路指導の意義と課題(キャリア教育における進路指導の位置付けを明確にしながら、思春期・青年期の発達課題と関連させて考察する)
  13. 進路指導の内容と方法(中・高における進路指導の具体的展開について学び、実践的指導力の基礎を養う)
  14. 進路指導の実際(キャリア発達の視点から進路指導の教材研究を行うとともに、就職や労働環境に関する諸問題について考察し、解決の方策等を討論する)
  15. 家庭・地域・関係機関との連携(生徒支援ネットワークやサポートチームの実際の活動について、具体的事例を通し理解する。児童相談所や警察、企業等との連携について学ぶ。)

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

配布プリントを使用する。

参考書

適宜紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     60
レポート:   20
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席 20

上記割合以外に注意すべき事項:

出席を重視するので、注意すること。