社会教育課題研究U

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 地域と社会系
選択 2単位 2年次・3年次 後期

社会教育主事必修/

担当教員

若原幸範 侘美俊輔

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

必ず「社会教育課題研究T」「フィールドワークU」を同時に履修すること。

その他この科目を履修するために必要な条件

「生涯学習概論T・U」を履修済みか、同時に履修することが望ましい。

学習教育の目標

学習者の立場から社会教育について考える。自らテーマを設定し、学習を深め、成果を発表する力を身に付ける。

授業の簡単な概要

この授業では、社会教育課題研究Tをふまえた上で、学習者の立場から社会教育について考える。前半はさまざまな課題を抱える人びとの学習活動について、具体的な事例紹介をふまえて講義し、グループワークをとおして理解を深める。その上で、ワークショップを行い、自らテーマを設定し、自ら学習を深め、その成果を発表する。

学習支援

オフィスアワー

学習者の立場から社会教育について考える。自らテーマを設定し、学習を深め、成果を発表する力を身に付ける。

学習内容

  1. ガイダンス(授業の概要・進め方など)
  2. 子どもの学びと社会教育
  3. 青年の学びと社会教育
  4. 女性の学びと社会教育
  5. 高齢者の学びと社会教育
  6. 働く人の学びと社会教育
  7. 子育てと社会教育
  8. 障害者の学びと社会教育
  9. NPOと社会教育
  10. 環境教育と社会教育
  11. 多文化共生と社会教育
  12. ワークショップ@(グループ分けとテーマ設定)
  13. ワークショップA(発表に向けての準備)
  14. ワークショップB(各グループの発表)
  15. 授業のまとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

教科書は使用せず、必要に応じて資料等を配布する。

参考書

社会教育推進全国協議会『社会教育・生涯学習ハンドブック 第7版』エイデル研究所、2005年。 『月刊 社会教育』国土社(雑誌)。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   60
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

40(授業・ワークショップへの参加状況および発表内容)

上記割合以外に注意すべき事項:

ワークショップ実施時に遅刻・欠席すると他のグループメンバーに迷惑がかかるので、特に注意すること。