システム管理論実習

授業科目区分

情報メディア学科
専門科目 ネットワーク・コンテンツ系
選択 1単位 3年次 前期



担当教員

ゴータム・ビスヌ・プラサド

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

システム管理論I実習を履修済であること。システム管理論を必ず同時に受講すること(本実習のみの受講は許可しない)。

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

普段ユーザによって利用されるようなクライアントコンピュータではなく、組織内で使用されるコンピュータシステムの日常的な運用・管理・保守に関する管理を目的とする。

授業の簡単な概要

ネットワーク上でよく利用される代表的な幾つかのサービス(DNS, WWW, Mailなど)の提供について学びます。それらの実際における設定などを通じて、具体的に理解することを目指します。必ず実習をしながら、学習することが必要です。

学習支援

LMS上に講義資料、テキスト、質疑コーナーを設けます。

オフィスアワー

学習内容

  1. はじめに
  2. OSの管理、ユーザの管理
  3. ファイルシステム
  4. ネットワーク
  5. NFS
  6. Samba
  7. WWW
  8. LDAP
  9. LDAPによるサービスの統合管理
  10. DNS
  11. Mail
  12. スクリプト言語による管理の効率化 1
  13. スクリプト言語による管理の効率化 2
  14. 発展的な話題
  15. 調整日

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

プリント, LMS/CMS上の教材

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   90
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席を取り、評価します。試験は行わず、数回の課題の到達度で評価されます。

上記割合以外に注意すべき事項: