地域経済論

授業科目区分

学部共通
学部共通専門科目 まちづくり系
選択 2単位 1年次 後期


社会教育主事選択/

担当教員

佐々木 政憲、若原幸範

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

地域経済の成り立ちとその発展のあり方を理解・考察する。

授業の簡単な概要

地域経済は私たちの日常生活の基盤であり、また地域社会のあり様を決定づける最も重要な要素のひとつである。この講義では、こうした地域経済の成り立ちとその発展の方向性を理論的に理解することを目指す。その際には、地球規模(グローバル)の経済動向を視野に入れつつ、地域(ローカル)の経済について考える視点を身に付けることを重視する。また、理論的な学習のみならず、特に北海道や稚内市等の現実の経済動向や政策等に学び、地域経済を具体的・実践的に把握・考察する力を身に付けることを重視する。そのため、講義形式の授業だけでなく、学生同士のグループワークやゲスト講師(経済・産業に関わる行政職員等)との討論、個々の学生のレポートに基づく討論を行う。

学習支援

オフィスアワー

""

学習内容

  1. ガイダンス(授業の概要・進め方など)
  2. 地域経済の成り立ち@(地域経済の構造把握のための基本理論)
  3. 地域経済の成り立ちA(地域経済発展に関する基本理論)
  4. 戦後国土開発と地域経済
  5. グローバリゼーションと地域経済
  6. 北海道経済の成り立ち@(北海道経済の歴史と全国的な位置づけ)
  7. 北海道経済の成り立ちA(北海道経済の課題と発展可能性)
  8. 自主研究@(北海道経済の未来、個人発表)
  9. 北海道北部の経済・社会
  10. 稚内経済の成り立ち@(稚内の農業、ゲスト講師)
  11. 稚内経済の成り立ちA(稚内の漁業・水産業、ゲスト講師)
  12. 稚内経済の成り立ちB(稚内の観光、ゲスト講師)
  13. 稚内経済の成り立ちC(稚内経済の全体像の把握、グループワーク)
  14. 自主研究A(稚内経済の未来、個人発表)
  15. 地域経済の発展のために(総括ディスカッション、授業のまとめ)

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

教科書は使用せず、必要に応じて資料等を配布する。

参考書

授業中に紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   60
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

40(グループワーク・ディスカッションへの参加状況)

上記割合以外に注意すべき事項: