地域文化論 (地域文化の発見と発信)

授業科目区分


教養科目 社会科学系
必修 2単位 1年次 後期



担当教員

オムニバス

履修に必要な予備知識や技能

特になし

履修条件

特になし

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習教育の目標

「地域学I」で学んだ課題認識や基礎知識をもとにして、地域の文化を発見・発信していく上でどのようなアプローチが可能であるのかを、より実践的な視点から学ぶ。コースごとの特性を生かした方法を知るとともに、コース間(学問領域間)の協働の可能性についても考える。

授業の簡単な概要

本学の情報メディア学部を構成する5つのコースからそれぞれ3つずつ、地域文化の発見と発信に関わる15のテーマを提示する。

学習支援

質問等は講義担当者に尋ねること。LMSのフォーラムを活用されたい。

オフィスアワー

学習内容

  1. 地域デザイン(1) まちづくり課題の発見と発信(1) (侘美)
  2. 地域デザイン(2) まちづくり課題の発見と発信(2) (若原)
  3. 地域デザイン(3) まちづくり課題の発見と発信(3) (遠藤、若原、侘美、佐々木)
  4. 情報テクノロジー(1) e-ラーニング (浅海)
  5. 情報テクノロジー(2) ネット発信力を身につける (安藤)
  6. 情報テクノロジー(3) 私ならこうつくる〈観光アプリ〉 (佐賀、安藤、浅海、小泉、ゴータム)
  7. メディア表現(1) 「わっかいぶ」の挑戦 (柊)
  8. メディア表現(2) 公共空間と芸術:映像とコミュニケーション (阪本)
  9. メディア表現(3) プロジェクションアートの歴史と展望 (小谷)
  10. ビジネス観光(1) 北海道の方言と地名 (南)
  11. ビジネス観光(2) 稚内とサハリン (岩本)
  12. ビジネス観光(3) (相原)
  13. 数学教育(1) 数学で地域に貢献する (安東)
  14. 数学教育(2) 地域の学習支援 (米津)
  15. 数学教育(3) COC事業から考える大学の地域貢献 (米津)

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

プリントを配布する。

参考書

授業時間中に指定する。

NDC

7.3

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

5つのコースがそれぞれ20点満点で評価をおこない、合計100点満点とする。

上記割合以外に注意すべき事項: