地域学特講

授業科目区分

情報メディア学科
教養科目 社会科学系
選択 1単位 1年次 前期



担当教員

廣瀬幸雄

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

越冬の際に栄養を補う薬として、日本で最初に庶民がコーヒーを口にしたとされる稚内。コーヒーにまつわるそうした歴史・文化や化学的特性を学ぶとともに、焙煎・抽出などの実習を行い、「コーヒーインストラクター」2級程度の力をつける。またコーヒーを用いたまちおこしについても考える。

授業の簡単な概要

座学および実習形式で行う。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. コーヒー学とは
  2. コーヒーの産地と流通
  3. コーヒーの焙煎
  4. コーヒーの焙煎実習T
  5. コーヒーの焙煎実習U
  6. コーヒーの化学
  7. コーヒーと文化
  8. コーヒーの抽出
  9. コーヒーの抽出実習T
  10. コーヒーの抽出実習U
  11. コーヒーのマーケティング
  12. コーヒーによる地方創生
  13. コーヒーのQ&A
  14. カップテスト実習T
  15. カップテスト実習U

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

参考書

広瀬幸雄ほか『コーヒー学講義』人間の科学新社、2003年 広瀬幸雄ほか『コーヒー学入門』人間の科学新社、2007年 廣瀬幸雄『我が輩は珈琲博士―笑いと科学のスペシャルブレンド』時鐘舎、2012年

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     50
レポート:   10
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席40

上記割合以外に注意すべき事項:

試験で一定の成績を収めると、「コーヒーインストラクター2級」の資格が授与される