教職概論

授業科目区分


教職専門科目
数学教育コース必修 2単位 1年次 前期



担当教員

米津 直希

履修に必要な予備知識や技能

とくになし。

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 わが国の学校教育の現状と課題を踏まえ、教職の意義と責務及び職務内容について学ぶ。また、学校教育の現状と課題の背景に迫ることで、現代学校教育の課題を明確化し、教師の役割を再確認する。

授業の簡単な概要

 学校教育の現状と課題を念頭に置きながら、教員に関する制度や指導内容について学ぶ。また、学校教育の現状を正確に捉え、問題構造について理解を深めるために、現代教育の背景についての学びを重視する。

学習支援

オフィスアワー

随時受け付ける。研究室在室中はいつでも可。メールでの事前予約を推奨。

学習内容

  1. 学校教育の現状と課題(1) 教員をとりまく状況と課題
  2. 学校教育の現状と課題(2) 子ども、若者の貧困
  3. 学校教育の現状と課題(3) 貧困と教育
  4. 教員に関する制度(1) 学校経営と教員の職務
  5. 教員に関する制度(2) 学習指導要領と教育課程
  6. 教育実践(1) 道徳教育
  7. 教育実践(2) 特別活動
  8. 教育実践(3) 高校教育と進路指導
  9. 教員をとりまく状況(1) 教員の雇用と待遇
  10. 教員をとりまく状況(2) 教員養成としての大学教育
  11. 教員をとりまく状況(3) 教育財政の国際比較
  12. 教員をとりまく状況(4) 新自由主義とはなにか@ グローバリゼーション
  13. 教員をとりまく状況(5) 新自由主義とはなにかA 租税国家の危機
  14. 教員をとりまく状況(6) 新自由主義とはなにかB 福祉国家の危機
  15. 講義のまとめ 教員をとりまく状況と役割

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

配布プリントを使用する。

参考書

適宜紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   30
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:40
その他:

出席 30

上記割合以外に注意すべき事項:

この科目は、出席とそれに伴う感想等の提出を重視するため、注意すること。