教育原理

授業科目区分


教職専門科目
数学教育コース必修 2単位 1年次 後期



担当教員

米津 直希

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 「教育原理」とは、教育職員免許法施行規則で定められている「教育の基礎理論に関する科目」のうち、「教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想」を扱う科目である。  この講義では、「教育とは何か」という基本的な問いへの答えを模索する手段として、歴史的アプローチを中心とした考察を行う。具体的には、(1)人間発達論に関して基本的に理解したうえで、(2)西洋教育思想及び制度、(2)戦前・戦後〜現代の日本における教育の歴史的展開について学ぶ。将来教員を目指す学生が、現在の教育問題を考察するための知見を身につけることを目標とする。

授業の簡単な概要

 講義では人間の発達について、概念的、思想的、歴史的な観点から理解を深める。受講生はこれまでの自身の体験に基づいた理解をもとに、発達のありかたについて科学的に理解することが求められる。

学習支援

オフィスアワー

随時受け付ける。研究室在室中はいつでも可。メールでの事前予約を推奨。

学習内容

  1. ガイダンス :人間にとって教育とは何だろうか
  2. 人間発達論(1) 発達段階論
  3. 人間発達論(2) 幼児期における言葉の獲得
  4. 人間発達論(3) 青年期における思考の発達
  5. 教育思想史(1) 啓蒙主義の教育思想
  6. 教育思想史(2) 産業革命と教育
  7. 教育思想史(3) 近代公教育制度の成立
  8. 戦争と教育(1) 戦争を知る
  9. 戦争と教育(2) 戦争を振り返る
  10. 教育現代史(1) 戦後中等教育政策の展開
  11. 教育現代史(2) 戦後高等教育政策の展開
  12. 教育現代史(3) 戦後高大接続政策の展開
  13. 新自由主義政策と学校(1) 産業と教育
  14. 新自由主義政策と学校(2) 貧困と教育
  15. 講義のまとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

特に指定しない

参考書

適宜紹介する

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   30
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:40
その他:

出席 30

上記割合以外に注意すべき事項:

この科目は、出席とそれに伴う感想等の提出を重視するため、注意すること。