情報教養T(情報科学基礎)

授業科目区分


教養科目 情報・メディア系
必修 2単位 1年次 前期

教職課程必修/

担当教員

佐賀 孝博

履修に必要な予備知識や技能

特になし。

履修条件

特になし。

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

ハードウェアの仕組みや情報理論およびソフトウェア工学に関する基礎的な知識を身につけることでICTについて科学的な理解を深めることを目標とする。

授業の簡単な概要

 ハードウェアの種類と特徴を理解するとともに、OS(オペレーティングシステム)やアプリケーションなどのソフトウェア役割を理解する。特にOSではWindowsについて操作および一般的に起こり得るトラブル対処を習得する。  また、コンピューターの技術要素である、ヒューマンインターフェース、各種メディア、データベース、ネットワーク、セキュリティなどについて基礎的な事柄を理解する。 内容的には国家試験である「ITパスポート試験」うち、IT技術に関する事柄程度は理解できるようにする。

学習支援

質問は逐次受け付けますので、適宜研究室などを訪ねてください。

オフィスアワー

 別途研究室に掲示するので確認してください。

学習内容

  1. ハードウェアとソフトウェア
  2. OSとアプリケーションソフト
  3. 10進法・2進法・16進法の相互変換(1)情報の計測とアナログ・ディジタル
  4. 10進法・2進法・16進法の相互変換(2)情報の制御と符号化
  5. 文字コード
  6. 様々なディジタルデータ(文字、静止画)
  7. 様々なディジタルデータ(動画、音声)
  8. 情報量と情報の表わし方・扱い方
  9. プログラムとデータ処理、アルゴリズム
  10. データ管理
  11. データベースの基礎
  12. ネットワークの基礎(1)
  13. ネットワークの基礎(2)
  14. 情報セキュリティ
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

試験は持ち込み不可とする。

教科書

授業初回で紹介する(1.500円程度)

参考書

必要に応じて適宜指示する。

NDC

7

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     100
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席状況も評価対象とする。

上記割合以外に注意すべき事項: